2014年01月06日

【樋口春三先生の旅立ちに想う】


先生ありがとうございました。

こんなにも多くの人に見送られるお通夜式に
参列するのは、はじめてでした。

そして花き研究室卒業後、毎年OB会やセミナーも
ありますが、これだけのOBが集まるのもはじめてでした。


1月4日、友人から譲り受けた奇跡のチケットを
握りしめての上京は、最短滞在ながも大泣き、
そして友人との大笑いの最高に濃縮された時間でした。


お通夜後、同窓生ですぐ隣の飲食店の小部屋で一人一人
先生に聞こえるように、エピソードや思い出を声に出して言いました。

「実るほど、頭を垂れる稲穂」とは先生のような人の事だね、
ゼミ室でのお茶会(通称お酒会)毎週楽しかったね、
僕らの意見をいつも尊重し、耳を傾けて下さったね、
人の悪口や、自分の自慢話って一回もきいた事ないね、
先生のお陰で、、そんな教え子は数えきれないよね、

とりわけ私はやはり滝涙でまともに言えませんでしたが、
最後に「先生ありがとううございました」大声で一礼。

1532119_559948264083634_1370849275_n.jpg

悲しさから感謝に感情が変わる瞬間でした。

先生、ありがとうございました。
先生のあたたかいご指導、お人柄、言葉、一生忘れません。
FB看板の先生の大根踊りを見るたびに胸が熱くなります。


また伊勢原のご自宅に会いにいきますね。
私たちが育てた花も見て頂けるように、毎年お正月に
自慢の蘭を届けます。先生のコメントいっぱいの
直筆葉書が届かなくなるのは残念だけれど。


天国では大好きな日本酒もいよいよ解禁です。


先生のような人間力に満ちた男になりたいです。
今後もずっと見守っていて下さい。
これからもよろしくおねがいします!

5630_559837820761345_1247753017_n.jpg


posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

【財を遺すは下、事業を遺すは中、人を遺すは上なり】


恩師 樋口春三先生が天国へ旅立たれました。
2014年1月1日 忘れられない日になりました。

1554590_556668064411654_1357167492_n.jpg

先日投稿したように、1ヶ月前自宅を訪ねたばかりでした。
毎年、春にお邪魔していますが友人が「先生のご容体が。。」と
連絡をしてくれたので、駆けつけたのでした。

みんなが心配しないようにご様態については、ふれませでしたが
お邪魔した直後には入院され、そして、、はやい旅立ちでした。


元旦からみんなで手分けして連絡を入れていきました。
連絡網などなかったのですが学年を超え、かなり広く行き
渡ったと思います。


涙声で先生を懐かしむ話をしていると
「あの先生に出会っていなかったら、今の自分はいない」

「樋口先生という素晴らしい先生に会えただけでも
   農大に行かせてもらったこと、両親に感謝しているわ」

そんな声をたくさん聞きました。
誰からも尊敬される先生でした。心が美しい人でした。


世界で一番の品質と称される日本の花き園芸が
もっとも成長した時期に、最も貢献された先生です。

先生が蒔かれた種は今、全国で芽を出し花を咲かせ始めています。


「財を遺すは下、事業を遺すは中、人を遺すは上なり
されど、財なさずんば事業保ち難く、事業なくんば人育ち難し」


これを背中で教えて下さったのが先生です。


1月4日の18時からのお通夜式、なんとしても行きたい。
教え子に囲まれて旅立つ先生にもう一度だけ会いたい。

ただ、無情な事に帰省のピークで今は東京へ行くための
懸命に探していますが、有効な手段が見つかりません。

明日の午後以降は出発できる構えです。
知恵・力を貸してもらえると本当に有り難いです。


[花き研のみんなへ]
花を教えて下さった先生を、花いっぱいでお送りしましょう。
4日の16時〜18時持ち込みも、宅配届けも可能です。
花色などは問いません。心のこもった花で。

会場:海老名セレモニーホール

お通夜後には駅周辺でご飯を食べながら先生の思い出話をしましょう。


posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | about me | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Happy My Year 2014 トシオトコ 】


12歳の卒業文集で
「世界一の花屋になること、子供に喜ばれる仕事をする事」

24歳 欧米の花修行から帰り
「自宅で楽しめるミニ蘭の魅力を日本で広めていきたい」

そして今年

36歳 3度目の年男
「100人が働ける会社に成長させていく事」


を目標に掲げさせて頂きたいと思います。 
正月ぐらい大風呂敷を広げなくては、と思います。


でも12歳の頃の夢も、24歳の頃の志も
そして36歳も大目標も冗談ではありません。yes本気です。

大晦日、一日中机に座りこれから5年間の
プランをマインドマップで書き出しました。
楽しい見通しも、難しそうなプロジェクトも、わんさかです。


宮川洋蘭が100人農家になるための
絶対不可欠な条件:それは自分の成長に他なりません。

私は長所伸展法を多いに推進するイケイケのo型ですが、
今年これだけはいつも心に留めておかねばと思います。


【 右手にロマン、左手にソロバン 】


今年は変わる大チャンスです!
小学生の頃から算数が苦手ですが、今年は数字君と
仲良くなれるように、コミュニケーションを深めていきます。


都会の人からすると、地元愛や地域活性化なんて
あまり理解できないという方もいらっしゃるかもしれません。

戸馳島のこの建物からみる日の出は、明日で見納めです。
思い出の詰まったこの場所に家族と噛み締めながら見てきました。


自分だけよければ、、、では田舎は絶対元気になりません。

島を元気にするために100人 そして花仲間と
切磋琢磨しここを「夢の花 咲く島」にしていきます。

改めまして、あけましておめでとうございMAX!


今年はトシオトコ、超あたり年になりそうです!
これまでと変わらぬご声援、よろしくお願い申し上げます!

1555456_556127277799066_2052342135_n.jpg

posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | something new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

【大漁感謝祭@天草】


最高の一年の締めくくり!


天然の寒ブリ、ハマチ、さらには7キロの超めでタイ!

1484157_554932794585181_107675728_n.jpg

毎年恒例の同級生杯3年ぶりの優勝で、

一年間の『王様権』を獲得!


最高の仲間と共に、大興奮の一日でした!!

楽しかったー
544588_554932911251836_552215783_n.jpg



posted by miya at 00:00| 熊本 ☀| Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

【2013も素晴らしい一年でした 感謝】

あっ! という間に2013年もグッバイです!
今年もたくさんの応援ありがとうございました。
来年も変わらず仲良くしてください。超私的ビッグトピックス集!

宮川 将人さんの写真
2013












宮川 将人さんの過去の大切な瞬間をチェック。



posted by miya at 00:00| 熊本 ☀| Comment(0) | about me | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

【パンクと飛行機搭乗について】



火急の用あり。

師走の最中、最重要事項と捉え
福岡空港国際線に向かっています。
フライトは15:10、、、


ここでドラマチックな展開。
熊本インター前でパンクしてしまいました。


1453537_545260938885700_538643985_n.jpg

そして今ヒーロー到着!

ありがたい! 飛行機はたして間に合うか、、、
こんなドラマもう要らないよー 笑
posted by miya at 00:00| 熊本 ☀| Comment(0) | about me | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

【iPhoneにおける防水機能の実証実験】


今日はひと仕事終えて、自宅から歩いて3分、
若宮ビーチに4歳の元気と「カニ探索」に出かけました。

彼が「ママにはナイショね」と案内してくれた極秘の岩場スポット。

岩場を得意気にしゃんしゃん進む彼を追いながら
「ツルンッてこけんでね」


その刹那、自分の体が宙を舞いました。
ガツン、あっいたぁ〜 と尻餅をつき

さらに次の瞬間
右ポケットからiPhoneがコロンコロンとひっと出て、、

ポチャン

何と水深15センチのカニさん池に完全に水没したのです。



完全に終わった、、と思いました。
以前大雨の日に携帯を落として壊した経験があるからです。


しかしです、
なんと3秒あまりで取り出した早業のおかげか?


壊れていなかったんです。
完全に、見事なくらいに水没したのに。

その感動と運の良さを言いたくて帰ってから、同機種を使っている
嫁さんにその事を話してみると、

「私もこの前、洗面器に落として水没したけど大丈夫だったよっ」


と、軽く返されてしまいました。やるな!
夫婦協議の末、iPhone5はこっそり生活防水である、
との結論を導き出しました。

いやぁ〜 そがんことなかばい、というあなたは論より証拠→実験あるのみ!
ちなみに検索してみると防水機能は備わってないらしい。不思議だ!


大丸2︎本日の学び=====
•子供も、その親も経験と失敗を繰り返しながら成長していくものだ!
•最近のスマホには三秒ルールが適応される!

1441543_541943932550734_17147307_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☀| Comment(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

【花を活ける楽しさを教えてくれた先生】

台湾から熊本への帰り道(笑)、農大に呼び出されまた東京に来ました。

小田急線、急行も止まるようになった懐かしの経堂駅で降り、
農大通りに入る前に戸石先生の自宅を訪ねました。


1999年、花屋さんでアルバイトさせてもらい
(下北沢のユー花園さん)、花き研究室で最高の花仲間に
囲まれて、花への興味が日に日に深まる中、


いけばなを習いたい、でもお金がない
(花屋さんでのバイト代は全て旅に使ってしまっていて^^;)

カルチャースクールで出会ったそんな私を自宅に呼び、ボランティア同然で2年間、
個別レッスンをして下さった草月流の素敵な、先生です。


「花のいけ方って基本はあるけれど、

        大切なのはあなたの個性と感性よ 楽しんで♪」


今朝は紅茶一杯の時間でしたが、70歳になられてもますます
キラキラ輝く先生に再会出来て、あの頃の純粋な花への
気持ちがよみがえってきました。


学生時代から本当に素晴らしい方に可愛がってきて
頂いたのだと再認識しました。


先生、また自信作を贈りますね。
謝謝!

1441331_540782082666919_909968370_n.jpg
posted by miya at 19:17| 熊本 ☀| Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

【花を求めて三千里】 【花を求めて三千里】

一年ぶりに島仲間の台湾に来ました。

50時間の短い滞在なので早朝から夜まで、8年の付き合いになる
パートナーの蘇さん夫婦と共に、南北を駆け回っています。


台湾最南端まで日帰りした今日は、9時間車で移動してます。
こんな時こそ日本代表として運転技術の見せ所なのですが、
フェイスブックを見られているせいか、出番はないみたいです。


日が落ち暗くなっても、僕らのラン談義は尽きません。

1458628_539994819412312_1332093843_n.jpg

協力者あっての花仕事、中華テーブルに和になって
台湾料理屋でハオチーハオチー。


仕事を仕事と思わないで、ワクワクドキドキで
花にも人にも出会えるなんて、幸せだなぁ~
シェシェ 再見!

1469827_539994502745677_1114466907_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☀| Comment(0) | flower | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

【雲の上の存在 青木良平先輩】


今日はこっそり東京に向かっています。
いつも田舎でのんびり暮らしているせいか、機内の限られた空間と時間は
考える仕事がMAXに進む大好きな時間です。

まぁ、そんなしこったことを言いながらも、最終搭乗者として
ギリギリセーフで乗り込んだ前方の残り席。

1462951_537156866362774_1400006350_n.jpg

ちらっとスクリーンの花に目が止まりました。
フラワーデザイナーのニコライバーグマンさんの特集でした。
花、さらに人物で人を虜にする様子をドキドキ見ていると、、、


彼がお気に入りの場所に、、という下りから見たことのある農場が!
それは千葉で高級花材 秋色アジサイを生産している千葉の青木園芸でした。

who is 青木良平
大丸1︎学生時代 花き学研究室の先輩であり、結婚式でアジサイと
大根踊り(しかもエール)で祝ってくれた最高の友です。
大丸1︎同研究室卒の奥様ともちゃんもこれまた久しぶりに最高に素敵です。
大丸1︎農場では愛犬モカに歓迎され内ももを噛みつかれた程です。笑)


アジサイだらけのハウスを楽しそうに歩くバークマンさんにフリーでいいから
ここで働きたい、と言わせる花仕事っぷりに私も惚れそうになりました。

1479547_537156813029446_1449248921_n.jpg


羽田ですぐに電話すると、変わらず、悔しいくらいのさわやかで何より謙虚マン。

みんなが青木さん、そして花のファンになって行く様子は、
ニコライさんにも負けないワールドクラスです。


先輩、大きな背中を空の上でありがとうございました。


手持ちがない時には、先輩の秘密話しを引き換えに花業界のみなさんに
おごれらたいと思います。 笑

また2月に!
青木 良平さんと一緒です。
posted by miya at 00:00| 熊本 ☀| Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

【島の再生は花の学校から】


今日は朝から超ホットな新聞が届きました。

本日、11/14熊日新聞(熊本No1誌)のど真ん中に3面に、
蘭にも負けじと爽やかな洋蘭ボーイ(五蘭塾の役員4人)の姿が!!

ホーム紙だけに過分な紹介がされておりますが、笑ってもよいので
怒らずに(笑)優しく見守って下さい。
1453474_545614758866289_1505668356_n.jpg

正直な話、生産者だけに目立つ大きく紹介されています。
が、、、紙面上に見えない多くの方からフラワーパーク「花の学校」の
再生リニューアルのために、とんでもなく力を貸して頂いております。

庭師山口さん、設計士里山さん、
造園家坂本bros、陶芸家ケンタロウさん、
一緒にディスプレイを作ったり、テーブルを作ったり
原生の森を作り蘭を植えたり、石を積んだり、最高でした。

ご来島の上、壁面緑化の資材をご提供頂いた伊藤商事 伊藤社長、
井上さん、空閑さん、続さん、心からお礼申し上げます。

みなさんのお陰で最初の一歩がスタートできます。


これからこの新聞を見て、心弾ませて来園されるお客様の
期待を超えられるように、花も、講座も、体験も全力でいきます!


ワクワク 感謝!


posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

【最高の国際交流日和】 【最高の国際交流日和】 【最高の国際交流日和】


2013年は例年になくいろんな国の方とのご縁に
恵まれています。本当にラッキーです。

今日は2年前のJCで担当させてもらった国際料理教室に
はじまり、今年はトルコの留学生とのご縁を繋いで下さった
国際交流センターの下田さんが来島されました。


さらにワクワクする事に
インドネシアの大学農学教授のハリーさんと
ドイツからの農業研修生ベロニカさん、
元商社の国際ボランティア初田さん、さらに
国際線のCAだった奥さんもご一緒に。

1391790_533227840089010_761897461_n.jpg

もちろんウガンダ出身のホープ、ジャスティンも一緒です。


同じ農業(アグリカルチャー)も大陸が違えば
環境も考え方も実に多様で面白いです。
お互いの意見に興味しんしん丸です。
どんな事言っても世界的に日本も日本農業も恵まれています。

そんなディスカッションを、食と農の体験塾で
手作りピザをほおばりながら出来る僕らはやっぱり幸せです。


いつかこんな素敵なご縁を人や地域のために活かして
恩返ししていけるようになれば最高ー!だと思います。
ご来園ありがとうございました。


みなさん 再見!
                                  
− 友達: 下田 隆文さん、他2人

1462941_533227793422348_1435542710_n.jpg

posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

【笑顔が戻ってきました!】


流行に敏感なもうすぐ1歳2カ月の娘ちゃん。

今月に入って風邪→嘔吐→発疹→熱発 と連ちゃんでしたが
母と共にそれらを乗り越え、ようやく元気になりました。

以前にも増してミリオンスマイル連発で、福来まくりでゴワス。


よかった。よかった。本当に。

600861_525983060813488_626960707_n.jpg
posted by miya at 07:06| 熊本 ☁| Comment(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

【ガーデニングワールドカップ参戦】


オランダウィークが続き、三連休はハウステンボスに来ています。
もう3日目なので業界用語も覚え『テンボス』と呼びます。笑

京都で作庭修業した後に、イギリスのキューガーデンの日本庭園まで
担当した32歳の庭師、山口氏の出展応援にきました。

今年の春から、戸馳島を元気にしていくために
応援してもらっている、謙虚ながらアツい人です。


世界各国の一流ガーデナーが集まる本大会に、国内予選を
勝ち抜いて出られるだけでもすごいのに、今回は世界戦です。

「上善水の如し」のタイトルを持つ彼の作品は、
キリスト教に代表されるヨーロッパ世界の部屋に反面には、
山茶屋のある和空間が広がります。

1390776_518885174856610_1090294010_n.jpg


1385669_518885018189959_699315025_n.jpg
お互いが認め合い、共存する大切さを伝えたい、といいます。
ひとつの作品で、二つの世界を表現すろという大作です。

大作が故に、今年から設けられたサイズ規定の枠を超え
審査から外れてしまいましたが、実際の審査点数は・・・
すごいことになっていました。


みんなが彼らしい、といいます。
点数を取ることよりも自分の作品感に妥協しなかった。

彼の魅力であり若さであり、チャレンジャーと思います。

作品から出てきた来園者から ハァ〜すごい 
といった感嘆の声が聞こえてきます。
1379262_518885081523286_382892072_n.jpg

彼の好意で三日間、間借りしたブースでの育てるランシリーズの販売も、
ガーデニングファンを相手に対面で、とても良いヒントと刺激を受けました。

自分はどうか? 知らずに守っていないかと?

業界の常識は世間の非常識だ、と言われることもあります。


学びます。
すばらしいチャンスに感謝

1392629_518885114856616_545349612_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

【洋ラン花咲く苗】 フォトコンテスト人気投票


ご自宅で咲かせたランをメッセージと共にご披露頂くフォトコンテストの中から
各月のグランプリに選ばれた12作品。この中から年間グランプリを選出すべく、
みなさまからの人気投票を受け付けております。


お気に入りの写真に「いいネ」をお願致します。お1人様3イイねまで。
花の写真も大切ですがお客様の想いのこもったコメントも是非
ご覧頂き投票をお願致します! ご参加どうぞよろしくお願い致します!



1385427_514273191984475_279821375_n.jpg






1380261_514273241984470_2131467813_n.jpg








10605_514273121984482_1387959301_n.jpg25938_514273128651148_1651013248_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | flower | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

若い農家仲間に思う

ある日、壇上に立つある農家青年の発表を聞いていました。
「僕は農家に生れたけれど、本当は本当は、、、農家じゃなくって
 教師や新聞記者やデザイナーになりたかったんです」

会場に冷たい空気が流れました。 
そして一呼吸置いてさらに続けました。

「しかし、今農業を始めてみて分かったんです。
よく考えれば僕たち農家は販売、広報、社会活動やデザインなどすべての
要素が必要です。そう思うと、僕は夢を一つひとつ叶えています」

かなり、刺さりました。


そんな最高に面白い片山君が、さらに面白い奥さんと一緒に
「宮川さんの話が聞きたかとです」と遠路、来てくれました。

とても嬉しい事です。二つくらい年上なので、ご機嫌に
(おそらくちょっとえばって)お互いの話をしました。

作物はフルーツでジャンルは違えどチャレンジスピリッツも、
地域活動や環境など自分の事以外の事にも時間と
エネルギーをしっかり使っている事が素敵で、
共感するものが多く、刺激的です。


また知事はアメリカ農業実習生→ハーバード→東大教授→知事と
という異色の経歴の持ち主で、農業に超本気で、
2月には私の師匠アンディ松井さんを県として招待し、
大規模な講演会をして下さったほどです。

今は「くまもと農業経営塾」という素晴らしい塾で学ばせて頂いています。

そんな熊本には今、超元気な農家がぼこぼこ出てきています。

片山君はじめ、前のめりな若手農家の仲間とワクワク
楽しい農業を実践していきたいなと思います。

熊本のわっか農家は阿蘇さんのごて、
たぎってあつかとよー 気よつけなっせねー 笑
片山 和洋さんと一緒です。
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

楽天イーグルスの優勝と野球の底力

楽天の優勝。正直、泣けました。
まさにドラマのようでした。

東北に、球団創設を創設して9年。
私がアメリカの花修行から帰り、この戸馳島で花仕事を
するようになった忘れられない年でもあります。

本当に弱かった。
でも今、こうして優勝し、東北の皆さんはもちろん、
全国の皆さんからこんなに祝ってもらえる球団に
なるなんて思ってもみませんでした。


2007年結婚を機にオープンしたこのお店も今まで
やってこれたのはみなさまの応援あったからこそです。

震災後の楽天のキャプテン嶋選手の「野球の底力で」
という言葉は、第3者から用意された原稿を見てこれでは
想いは伝わらないと選手自身で勝手に代えて
読み上げたものだそうです。

本気です。そしてハートがあります。


野球選手ができる事。
そして私たち花農家ができること形は違っても
「何か自分に出来る事で応援したい」という
気持ちは同じだと思っています。


みなさまのおかげでお送り出来た
225万2,336円の「花で元気募金」は
http://item.rakuten.co.jp/morimizuki/c/0000000275/

現地でのお年寄りの寄り添い活動の支援に役立ててもらい、
今も個人宅やコンサートの装飾やなどにランの花を
送らせてもらっています。


弱小から這い上がり、地域に応援され、励ましている
彼らだからこそ心に響くものがありました。

9月はスーパーセールや敬老の日もあったので
今月下旬は穏やかにと思っていました。

しかし、この優勝はあまりに嬉しいのであなたと喜びを分かりあいたい!
そう思って超の付く大盤振る舞い企画を考えてしまいました。
http://item.rakuten.co.jp/morimizuki/p-1/


今、こうして少し冷静に文章を書いていると、
喜びすぎてやり過ぎてしまったばい・・・  と思っています。滝汗

1378141_510730755672052_1132291661_n.jpg



東京オリンピック開催決定に沸き、そして東北楽天の優勝。

スポーツの力をありありと感じるこの秋、私たちは花の力で
みなさんに笑顔と元気をお届けできればと願っていMAX!
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | flower | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

最高の休日@あさぎり町

鹿児島に帰省する妻子を送る、

と言いながら、高速を途中下車して熊本の秘境、球磨郡あさぎり町の隠れ宿に。


木材をふんだんに使ったこの宿は、超郊外に2年前にできたばかり。

そんな中、品川、福岡ナンバー、さらに戸馳島というあか抜けた(笑)場所からの客ばかり、、、

ネットの口コミってすごいなぁ~。

ただやっぱり郊外にいても、そこの雰囲気や自然の豊かさ、そう魅力が伝えやすい時代になったと思います。


田舎料理をご馳走になって、二度寝していたら外にはほのぼのな景色。

最高の休日に感謝。

http://sansohibari.com/index.html


996618_508426145902513_1303464150_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

敬老の日に心を込めて

9月16日(月)の敬老の日に向けて
ランの仕立てと発送がいよいよ終盤戦。

とてもありがたい事に、嫁さんが店長を務める某(笑)
森水木のラン屋さんでは全国の優しいお孫さん達からパソコン、そして
例年にない程スマートフォンを介して多くのご注文を頂いております。

少なくても10年前の自分では、携帯から花を買う、贈る
なんて考えられなかった。むしろ否定的だったかも。



ただこれまでもこれからも、花は嬉しい時も悲しい時も
感謝を伝えたい時も、真心をお伝えする最高の贈り物として
変わらないと私は思います。


ご依頼主さまと、お届けするおじいさん、おばあさんは
おひとりおひとり。

今日もみんなでよい汗をかきながら、届いた時にお孫さんとの
明るい電話を想像しながら、ワクワク出荷がんばります。

http://item.rakuten.co.jp/morimizuki/c/0000000271/

1176183_504725242939270_299603687_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | flower | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

【ボトルフラワーがテレビで!涙の巻】


きっと、こっそり応援頂いている方のおかげだと思います。

夕方の人気番組の方から「洋ランのボトルフラワー」をテレビで
紹介させて頂きたいのですが、、、と何とも嬉しいお電話を頂きました!

ありがたいチャンスなのでもちろん喜んでハイしました。


自分で紹介すると性格上(笑) 手前味噌になりすぎるのですが

さすがプロ!とっても明るく楽しく、しかもまだまだメジャーではない
ボトルフラワーの特徴をしっかりと4分もご紹介下さいました。


本当に、ありがたいなぁー

お陰で放送直後から、ずーーーーーーーーーっと電話が鳴り続け
嬉しい悲鳴をあげておりました。



「ボトルフラワー?  はあぁ〜?」と言われていた二年前、
妻と母が先生に弟子入りし学びを得て、自社の洋蘭を使った
商品作りに試行錯誤を続けて二年。
ようやく今年の春から商品として世に出せるようになった
思い入れいっぱいの商品です。


一農家が「洋蘭を生産しながら永遠に持つようなランの
加工品を作るなんて出来っこないし、甘くもないし、売れるわけないし
たとえできたとしてもそれこそ自分の首を絞めるんじゃないの?」
と叱咤激励も頂きました。


ただ清潔さが求められる病院や、飲食店、介護施設、
植物が育ちにくい夜間営業のお店やお手洗い、そしてご仏壇。


いつものラン鉢や生花が届かない空間、場所、そこに

「この花がお役にたてることは必ずある。待ってる人もいる」
という信念、

そしてこの島の、この町の名産品に育てたい!


そんな夢ばかりを語る不器用な私に代わって、
現場では同世代の、若いママさんスタッフの3人が
目の色を変えて日夜、作り続けてきてくれました。


ランを一輪ずつドライにして、乾燥材をおとして、
ワイヤリングして、アレンジして、ガラスで完全密閉する。
驚くほどの手間と集中力が必要な作業です。


しかしながら、敬老の日には予想をはるかに超える注文を頂いており、
製作の彼女たちは家事で忙しいのにすすんで日曜日も出勤し、
その子供たちが母親の傍で箱作りをしてくれたのは涙でした。

こ今までなかったような場所で飾って頂けたり、
一生忘れられない、そんなギフト花になる事を願っています。


そんな洋蘭のボトルフラワー「森のグラスブーケ」が
ワクワク楽しくなっていきそうです。これからちょっとだけ、ご期待下さいね。
http://item.rakuten.co.jp/morimizuki/10000510/?s-id=review_PC_il_item_01



素晴らしいテレビ紹介、本当にありがとうございました!
謝謝!
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | flower | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。