2014年08月24日

【ランに生涯を捧げた唐沢耕司先生】

心底、興奮しました。しびれました。



大阪の園芸同友会主催の勉強会に、参加させて頂きました。

ランの仕事をはじめてちょうど10年。


これまで図鑑の著書でしか知らなかった
ラン研究の一人者 唐澤先生の講演が聞けるとあり、
もうこんなチャンスはないと飛んでいきました。



1時間の講演予定が終わってみれば2時間超。さすが!
でも一言も逃すまいと、最高の集中力で拝聴しました。

昭和5年生まれの先生がランに出会ったのは
戦後、焼け野原の東京で。

「それは信じられないほど、美しく感動した。
 
 そしてこれをイギリス等の貴族だけではなく
 日本で誰もが楽しめるようにしたい、と思った」



当時カトレア一株と、家一軒の交換が実際に
行われたというほど、希少な植物だった。



自分は本を書くという役割を頂いたお陰で、
学者としてランの研究に没頭するようになり、
自分の目で世界の原生地を訪ねるようになった。



ほどなく写真がモノクロからカラーとなって
多くの人に野生に咲く、蘭の美しさを紹介できるようになった。



8千万年前、植物としてもっとも遅く地球上に誕生したラン。
すでに地上には多くの動植物がいて、そのことから競合のない
木に着生して生きるという道を選び、今では植物の中で
大きく進化し、もっとも大きなコミュニティとなった。


10563210_677066652371794_2061172377621325681_n.jpg


ラン科植物とは虫媒花で、雄しべと雌しべが合体しており
花が左右対称で芯弁を持つ。自然界ではラン菌との共生に
よって発芽し、北緯70度まで広く分布する。


そこから始まったの世界の野生ランの写真とそれを現地で
撮影された先生の解説は、私にとってまさしく
「世界一受けたい授業級」の内容でした。



こんな言葉が続きました。

「この花をみたいと、コロンビアで片道5日間、
11日かけて悪路を旅して遂に見つけました!」



「このランは日本であまり作られていませんが
 もっと広がってよいと私は思うのです」



「絶壁に生息するこの花の写真は、まさに
 命がけで撮りました」



「虫をこうして誘き寄せ、高い確率で受粉させるよう
 器官がこうして進化したのです」



「ダーウィンが予言した虫を撮影したく、その花を
 どうしても見たくマダガスカルで遂に出会えました」



「現地の友人から送られてきたこの写真を見て衝撃をうけました。
 すぐに飛んで見に行ったのですが、あの野に咲く赤花は忘れられません」



「私が野生でであったあのエピデンドラムが、ほら今年の
 東京ドーム蘭展で大賞でした。僕はベンツもらえなかったなぁ」



世界おそらく50カ国以上、ランを求めて歩かれたとおもいます。


秘蔵コレクションを惜しげもなく、生きた声と共に
見せていただき本当に本当に感激しました!



昨年のトルコ旅から有言実行化するために口にしてきた

「世界のランと人 巡る旅」 byサイバー農家バージョン
 
これからの私のライフワークになりそうです。本気です!



矢祭園芸の金澤君の講演にもしっかり元気をもらいました。
こんな機会を用意くれた、花を純粋に楽しまれる園芸同友会の
メンバーさん、そして会長のMr横山に大感謝です。



石田君 明け方まで先輩を引き止めてくれてありがとう。爆

そして自分が毎日接しているランが
もっともっと好きになりました。



心いっぱい島に帰ります。ありがとうございました。

石田 隆博さん、他2人大阪国際会議場 グランキューブ大阪にいます。


posted by miya at 00:00| 熊本 🌁| Comment(0) | something new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

【空撮の術 ドローンで農場の天空から】

【注】ほしくなりそうな人は見ない事!笑


サイバー農家を震え上がらせ、生唾が出るほど魅力的な
大人のオモチャを持ってきたのは、、、

10447536_671900632888396_1732804709368257748_n.jpg

おなちゅーにして、高級マリーナのマネージャー、
なにより遊び心を忘れない男 Inaba Tatsuya

これにはやられました。完全に。



祖父からはじめた40年の花農家。


ハウスもたくさんになったけど上空160m 

この視点 タカの目はもちろんお初だなぁ



蟻の目:現場の細部のことがよく見える

魚の目:流れが読めて自分の動きが考えられる



鷹の目:広い視野を持ち、全体から眺められる





10年前にタイでレーシックしましたが、
そんな三つの目をもつおそろしか男になりたいです。

おっと、タッチャンタカのメサービス(TTA)
空撮希望はお繋ぎしますのでご遠慮なく。

えっTTA  勝手に名前付けるな? 


10398686_671900599555066_9031253061196489620_n.jpg



名前も募集中です。

そんな感動の初空撮でした。




このオモチャ 何がすごいかって



・静止画はもち、動画でも全然ブレなーい!
・GPS使ってるから手放し運転もできーる!
・遠くは1km 高さ200mまで飛んでいってまーう!
・なにより空飛ぶUFOを見てるみんなが笑顔になーる!



とってもとっても欲しくなりましたが、
持つべきものはやっぱり友! 笑


この空撮でどんな世界が広がるんだろう、
どんなことに役立てられるんだろう。



10603231_671899036221889_1651275944342418686_n.jpg



ラジコンヘリが本を運ぶ時代になるとか言ってたけど、

かねてから運転から開放されたい自分(笑)が
心待ちにする全自動運転車、そしてさらに
スターウォーズばりの3D交通網の時代が
やってくるのはそう、遠くないなぁ。


意味不明の空飛ぶ物体を見ながら
小さな島でそんなことを思っていました。



稲葉 達也さんと森水木のラン屋さんにいます。
posted by miya at 00:00| 熊本 🌁| Comment(0) | something new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

【オランダ日和】

もしかするともしかすると、、、来年6月にも
九州近代化産業遺産郡の一つとしてユネスコの世界遺産に
認定されるかも?しれない 地元三角西港。


10410328_670561293022330_1275304778814121026_n.jpg


明治時代、オランダ人のムルドルさんが設計した
石積みの埠頭は当時をそのまま残した味わい深い場所です。



そろそろ「横浜、門司、三角西港」といわれる激アツスポットに
なんじゃないかなぁ、と勝手に思い込んでいるほど海が香る素敵な場所です。



まぁ 
独身の頃の私に連れられて、西港内にある海辺の
オランダカフェに行ったという人も少なくはないかもしれません。笑



まぁ 
鹿児島出身の嫁さんとここであったのだから、私たちにとっても
ゆかりの地であり、恩返しをせねばと思う場所でもあります。




そんなこんなで地域活動をしているうちに、気がつけば
日本に三箇所しかないという、日蘭協会の事務局長に
なっておりまして・・・汗



今回は初のイベントとして
「オランダ王国パネル展」を企画しました。

それにはなんと、オランダの総領事も出席いただけることに!


1899921_670561403022319_2800073414799411550_n.jpg

昨年はじめてお会いしたときは、人材不足のため自分が
通訳をすることになになり、胃がとても痛かったのですが、

なんとなんと奇跡は、オランダの山本さんからの電話でした。



12年ぶりに、しかもはじめて日本でお会いする日が
このパネル展の日だったのです。運命をズキューンと感じました!



目上の人ばかりでしたが、臆せずに
「オランダを日本では蘭と書き表します。
 私は農家ですが蘭屋です。運命的なものを感じます」



少しでも興味を持ってもらえればとオランダのクイズを作り、
景品に蘭を差し上げ、ちょっと強引につなげました。笑


10620603_670559809689145_4298094997466195369_n.jpg

歴史的な倉庫を改造したレストランでの式典では
総領事、市長、各国の友好団体など来賓の方、さらに
地元からの参加者の会話も笑顔も多く見られました。


10409397_670561136355679_3247122728913695749_n.jpg

あやうく、お盆前に花の出荷と本会の準備がかぶり
てんてこ舞いだったことを忘れそうになりました。



そのあとでのちょっとほっとしたあとが前回の
ミセスヤマモトwith宮川ファミリー@熊本城 だったのです。


10552541_670561346355658_5845260393946856532_n.jpg

パネル展は17日まで開催中ですので、天草行き57号線が
渋滞で疲れたら(笑)是非立ち寄ってくださいね。



本邦初公開のオランダ政府の公式パネルです!

海の見えるカフェにも寄ってくださいね。


テラス席から運がよかったらスナメリちゃんが見えるかも。



「頼まれ事は試され事」



返事は0.2秒   答えは  YES  か ハイ

押忍! 2014盛夏でした。

− 場所: 三角西港
posted by miya at 00:00| 熊本 🌁| Comment(0) | 地域活性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

【ミセスヤマモトの来熊】


はい、世界に学ぶ花仕事のあなたならきっとご存知かも。


オランダ園芸の道先案内人(プロ通訳)として、有名な
Sugako Yamamoto さんが

「久しぶりにあってみたいわ 宮川さん」

そうって、遠く熊本までお越しくださいました!



10479704_668138719931254_8993066616014202578_n.jpg



2002年間、10年に一度の花の祭典フロリアードスタッフとして
オランダですごした3ヶ月。


日本政府出展の公式通訳さんとしながらも、私達の母のように
存在で、いろいろと面倒を見て下さった方です。




これまでの通訳人生の中で、現地を案内された方には
園芸関係はもちろん、本で読んだ事しかない財界の著名人たちも。



そんな中、「実るほどに頭をたれる稲穂」のように
研究熱心で、謙虚で、とても素晴らしい方です。




8月中はジャパンに滞在されておりますので次はあなたの町かも?笑

私の人生にとって、人のつながりは大きな大きな宝です!


10590529_668138676597925_4791004778561979350_n.jpg

森 水木さんと一緒です。
posted by miya at 00:00| 熊本 🌁| Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

【島の早朝野外学習】


30年前、ジーちゃんに連れて来てもらっていた
カブトムシの秘密の森へ。


2人に負けないくらいのかわいいカブトムシが待っててくれました。


10338226_666297123448747_7287992633372588579_n.jpg


虫取りも、森の匂いも、かの痒さも全部経験。



10384274_666297016782091_6645098620071105334_n.jpg

今度は伝える番だなぁ〜


10583858_666296913448768_8066376427513629081_n.jpg


10561585_666296993448760_8649837194503906172_n.jpg

− 場所: 森水木のラン屋さん

posted by miya at 00:00| 熊本 🌁| Comment(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

【樋口春三先生を偲んで】

【樋口春三先生を偲んで】

花を通じて花人を遺した先生。
10484506_659265340818592_8588364917723018266_n.jpg


花と教え子に囲まれた先生。
10556365_659265414151918_5436823471645225842_n.jpg

10489830_659265434151916_7894909255113858141_n.jpg

10443512_659265467485246_8044483621419925095_n.jpg

10577020_659265394151920_5124952922927986057_n.jpg

先生に教えを頂いたことは、私の一生の宝です。

ありがとうございました。

10422544_659266660818460_4203005333258298923_n.jpg




− 場所: 東京農業大学
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | about me | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

【損得勘定を越え、善悪で判断できる大人になりたい!】


でも社会人になれば、知らず知らずに損得で考えるようになり
純粋な友達ができにくくなるそうです。


私はそんな中で、後者を実践できるS53年生まれの
最高の仲間にあいました。

みんなはいつからの付き合いですか?言われるんですが、
2人で話したのは正直昨日からでした。

テレビで講師をしたりしてあまりにも有名な男なので極秘訪問&
UPはでけんばいと思っておりましたが、まぁ懐の広い男です。

植物を燃やしてしまいそうなピュアな情熱に触れ
とてもよい刺激と、微力でも無力ではないことを人を巻き込みながら
実践する彼にほれそうになりました。

10570327_896718323675101_718450650349793622_n.jpg

またまた楽しくなりそうです! ヤッホー
− 横山 直樹さんと一緒です。
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

【天国の樋口春三先生に届くように】


恩師であり、この会の長を長く努められた樋口春三先生への恩返しのチャンス!

そう思って昨年末にお受けした発表の舞台がいよいよ今週末になりました。
30年も前に(私が5歳の頃)花業界発展のために始まった花き懇談会。

30周年の大きな節目に200名の参加者を前に、自分を丸出しにする。
これほど緊張し、ドキドキ、ワクワクしているのははじめてです。
10502253_10152629110243217_2322064586952577716_n.jpg

しかしご覧の通り、タイトルがひとりぶっちぎりで幼稚な感じもして
ちょっぴり恥ずかしいのですが、本心であります!

ラストの発表者として若者らしくアゲアゲのテンションで行きたいと思います!


大晦日旅立たれ、先生を前に発表する事は叶わなくなりましたが、
天国にも届くよう、元気いっぱい発表します!

10562956_676782762400809_1476088165994481317_n.jpg


掌 → 人人人人人人人人人人 →呑
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | about me | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

【東北は閖上のお二人に】


今年2月、震災後はじめて訪れた宮城、閖上(ゆりあげ)地区。
そしてすべてが津波で流され、真っ平らになったその場所で出会ったお二人。
10401393_649295981815528_7225475462947183495_n.jpg
氷点下の外気ながら、窓を開けて自ら経験された震災の話をして下さいました。


そのご縁から先月ささやかながら、心を込めて、贈ったランの切り花。
それを一つ一つ大切に、ご自宅そして施設の方、さらには息子さんが
通う小学校にまで届けてくださり、感激しました。


先日そんな素敵なお二人から最高に嬉しく、温かい贈り物が届きました。
10378549_649295955148864_4920388258203360750_n.jpg

仙台名物の笹かまぼこ、コースター、キーホルダー、キャンドルに御守りまで。
それぞれから【閖上】の文字と、復興をやり遂げる!そのメッセージが伝わってきて胸が熱くなりました。
10517552_649296061815520_6653145543109209117_n.jpg




細くても長く、微力でも無力ではない。


お二人との出会いと、心遣いに心から感謝します。
− 福田裕子さん、高橋 仁美さんと日和山@閖上にいます。
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

【七夕さんに時間差お願い】


私たち農家の必死の台風準備が
取り越し苦労になりますように!!

10474899_646200845458375_4683566119176320950_n.jpg
cross your fingers for us!
− 場所: 森水木のラン屋さん


そして
【人事を尽くして天命を待って見た】
この島めがけて進んできた台風8号さん、
万事に備えてと夜、自宅を離れ農場にいました。

自宅では幼い子供たちも、小さな専用の
防風シェルター?に非難して無事だったようです。


花もハウスも被害なく、通常業務に戻りつつあります。
ご心配いただいた皆さんありがとうございました!
ホッ 
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

【そして次の五年先を見て 五蘭塾30周年】

作家立松和平さんから頂いた言葉
「夢の花咲く島 TOBASEJIMA」

ここに生まれた洋ラン生産グループ「五蘭塾」が
今年30周年を迎えることが出来ました。
http://goranjuku.com/
10472085_640891239322669_5727939030976099580_n.jpg
全国各地からの祝福された記念式典は、
初代、二代目ともに忘れられないものになりました。

10502256_640891839322609_5256485911156279170_n.jpg

何より30年もの間、このチームを島仲間の「絆」で
紡いで来てくれた先代たちに心からの感謝と敬意、
そしてこれからに決意を表したいと思います。


今の自分が花仕事を出来るのも、人口1250人のこの島で
150人もの人がランの仕事に就けるのもこの歴史あってのものです。
10376285_640890495989410_3248007555430110652_n.jpg

これからは私たちの番です。元気な仲間と共にがんばります!
− 場所: ホテル ニューオータニ 熊本
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | 地域活性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Story of 五蘭塾】


50年後も100年後の五蘭塾でもここを立ち上げた初代達の
スピリッツが伝わっていくように、、、そんな思いを込めて
スライドを作成しました。


式典での放映後、豊明花きの福永社長が言って下さったように
ラストに掲げた 「わたしたちの夢・目標」は本気(マジ)です!!

今まで30年(私は5歳の頃から)ありがとうございました。
そしてこれからもこれからもご声援、どうぞよろしくお願い致します!

posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | 地域活性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

【一番の肥料】


試合前、日課となっているお客様レビューのチェック。
喜ばずにはいられない事があったのでスイマセン。

嫁さんが運営する楽天市場の直営店舗
「森水木のラン屋さん」のショップレビューが
6年間ではじめて【4.64】という値を付けていました。

1601441_634499309961862_321801979363048972_n.jpg

18,922 人もの感想(レビュー)は宝であり、お誉めはもちろん
お叱りの言葉も、私たち生産者の一番に肥料です。
http://review.rakuten.co.jp/shop/4/232442_232442/1.1/


正直、みんなが思うほど順風満帆でもなく焦ったり、
失敗が続いたり、お客様の声に真摯に耳を傾けれない時期も正直ありました。

そんな時はレビュー評価がみるみる下がっていき、
数字が嘘をつかない事がよくわかりました。


でも今、生産者として何より花作り、そして
受注、梱包、お客様対応、チームみんなで


〜顧客満足度UPへの終わりなき挑戦〜


ワクワク楽しんで参ります! 感謝
− 場所: 森水木のラン屋さん
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

【その男高島三櫻という国際人】


梅雨の合間のさわやかサタデー。

三櫻と書いてサンオーと呼ぶオシャンティな
洋ラン生産者の先輩を訪ねました。

基本たしか、抜群のセンスを持つラン屋さん。
それがいやみじゃなくてくらいのサウスウエスト系の
国際的な顔立ちカップよ。(関係ないか・・)

タイ料理が食べられる緑いっぱいのカフェには
さらに、笑顔の人がたくさん集まっています。

マイナスイオンいっぱいの緑人族カフェ、ここは相当危険です。笑
 入りびたり人続出です。


本人が夢だったというぴかぴかのトゥクトゥクにのれば、
もうここがどこの国かわからんようになります。

本当に公道のれるんだぁ というか高速までいけちゃうんだぁと。


ともあれ、サンオー氏とこれからワクワク
面白いことをたくらんどります。     うっしっし

「笑う過度に福来る!」 


先輩、いつも勉強なります! コックンカッププ
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

【成功の反対は、、、】


いま、農業に鬼アツの熊本県からのご紹介で、
一柳良雄の「日本を未来 」というTV番組の取材を受けました。
http://www.bs-j.co.jp/nippon_mirai/index.html


農園をまわりながら、いろんなお話をしましたが、私の名刺を見て、
「サイバー農家! ええねぇ〜 これからは絶対これやでコレ」
ちょっと照れ臭くなりました。

そして最後にお土産の一言を頂きました。
「成功の反対はな、わかる?失敗ちゃうんよ、、
            答えは、、何もせんだった」


「失敗しても前向きなら必ず身になるけれど、
何もしないと進歩も何にもないからね
これからも親父さんと一緒にバンバンおもろいチャレンジしてな!」

10390138_624367780975015_5062821476946881029_n.jpg
よいご縁と学びの機会に心から感謝です!
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | something new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

【まったり水俣プラン】


家族があるというのは本当に幸せだなぁと感じる週末。

ほっこり、まったりしたくて水俣へ。

1福田農場で夕焼けをみながらパエリアなどスペイン料理にホクホク
10174953_622154044529722_5649543301625051418_n.jpg

2湯の児温泉昇陽館で家族で温泉三昧 夜は甘夏サンガリア

3翌日は昨年秋天皇が来られたエコパークでバラフェスタ
10410392_622154684529658_2045911380514031165_n.jpg

4水俣名物 美貴モナカが美味しすぎて大人買い

5モンベール農山さんのログハウスでバーベキュー
10313948_622155657862894_1739036939132082121_n.jpg

6妻子、新幹線水俣駅より鹿児島に帰省

毎年、繁忙期が終わると嫁さんの帰省ついでに
どこかに行くのですがとりわけ水俣は最高でした。


また必ず遊びに行きます!

海、山、農産物、温泉、心も体も癒されすぎMAX!

− 場所: 福田農場ワイナリー
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

【奇跡!!楽天ランキング1位】


うちのランとうちの嫁さん(笑)が今1億点を越える、
楽天市場ののランキングで大露出を果たしております!! 

恥 嬉 涙

母の日のひとつの花として、思いの詰まったこの
洋ラン「母想い」が選んでもらえるのは
本当に本当に嬉しいなぁと思います。

10325235_610190515726075_6094770953168119514_n.jpg


昨日の天気といい、今日とのまぐれと言い、よか事ばっかり!多謝!
4月もいよいよラスト、5月もみんなでがんばりましょう!


1781962_633806136710665_1049215197916105264_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

オールドカーフェスみすみ

直前だから正直言います。

======
いよいよ近づいてきました! 4月29日
オールドカーフェスティバル in みすみ

めったに見ることのできないあの名車にめぐりあえるチャンス!

昨年に比べ、地元の特産品のお店も多数出展して、
みんな笑顔でお待ちしております。
どうぞご家族でお越し下さいませ♪


======
オールドカーフェスみすみの広報やFacebookを担当してきましたが、
車に疎い私には、、、語れる車が一つとしてありません。恥

でも、ミスミに来て下さった方がみんな笑顔になれる
イベントを目指して実行委員会みんなで準備してきました。
火曜日は天気予報がなんと言おうと、晴れる気しかしません。

いつも腰の重いお父さん(笑)を中心にファミリーでも来て頂き、
海風を感じながら昭和のノスタルジックな時間を過ごして頂ければ幸いです。
シェア頂けると感涙です!

1535385_470127819783270_1249136920831431997_n.jpg

posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | 地域活性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

【五蘭塾 創成期の写真】


貴重な貴重な写真が、このタイミングで出てきました。

今年30周年を迎える、私たち洋蘭産地グループ「五蘭塾」
ここに映る若者は、設立当時のメンバーたちです。
10155907_607381469340313_3498589707159217959_n.jpg

この島で育った幼馴染のような同世代の農家仲間
(菊、バラ、草花、イチゴ、みかんなど)が集まり
「みんなで五年先の蘭を考え、そして日本一の洋蘭産地を目指そう!」
と、何もない島で声を上げたのが30年前だったと言います。

そして今、この先代たちの想いを引き継ぐように後継者が育ち、
みんな元気に、仲良く、この島で花つくりをしています。

6月の30周年記念を前に、みんなが忘れていた
軌跡の写真が突如現れたのは偶然ではないのかもしれません。




今の自分よりも若い父、母の姿を見ながら・・、
いえ、探さないで下さい。笑


このSTORYを胸に、母の日出荷みんなでがんばっています。
今年は5月11日が母の日です。
いつも恥ずかしくていえない「ありがとう」を花に込めて贈りましょう。
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | flower | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

【ボヤいてよかですか】


机から出てきたちょっとワイルドな
アメリカ時代の免許証。

チラッと見せたら,
いつも笑顔で仏のようなお客様対応大臣のT田さんが、

10年前の私を見て
「アッ 将人さん 首があるっ」って言わした。

滝 涙
 
10156141_600985079979952_2635554763286519223_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。