2014年01月06日

【樋口春三先生の旅立ちに想う】


先生ありがとうございました。

こんなにも多くの人に見送られるお通夜式に
参列するのは、はじめてでした。

そして花き研究室卒業後、毎年OB会やセミナーも
ありますが、これだけのOBが集まるのもはじめてでした。


1月4日、友人から譲り受けた奇跡のチケットを
握りしめての上京は、最短滞在ながも大泣き、
そして友人との大笑いの最高に濃縮された時間でした。


お通夜後、同窓生ですぐ隣の飲食店の小部屋で一人一人
先生に聞こえるように、エピソードや思い出を声に出して言いました。

「実るほど、頭を垂れる稲穂」とは先生のような人の事だね、
ゼミ室でのお茶会(通称お酒会)毎週楽しかったね、
僕らの意見をいつも尊重し、耳を傾けて下さったね、
人の悪口や、自分の自慢話って一回もきいた事ないね、
先生のお陰で、、そんな教え子は数えきれないよね、

とりわけ私はやはり滝涙でまともに言えませんでしたが、
最後に「先生ありがとううございました」大声で一礼。

1532119_559948264083634_1370849275_n.jpg

悲しさから感謝に感情が変わる瞬間でした。

先生、ありがとうございました。
先生のあたたかいご指導、お人柄、言葉、一生忘れません。
FB看板の先生の大根踊りを見るたびに胸が熱くなります。


また伊勢原のご自宅に会いにいきますね。
私たちが育てた花も見て頂けるように、毎年お正月に
自慢の蘭を届けます。先生のコメントいっぱいの
直筆葉書が届かなくなるのは残念だけれど。


天国では大好きな日本酒もいよいよ解禁です。


先生のような人間力に満ちた男になりたいです。
今後もずっと見守っていて下さい。
これからもよろしくおねがいします!

5630_559837820761345_1247753017_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

【島の再生は花の学校から】


今日は朝から超ホットな新聞が届きました。

本日、11/14熊日新聞(熊本No1誌)のど真ん中に3面に、
蘭にも負けじと爽やかな洋蘭ボーイ(五蘭塾の役員4人)の姿が!!

ホーム紙だけに過分な紹介がされておりますが、笑ってもよいので
怒らずに(笑)優しく見守って下さい。
1453474_545614758866289_1505668356_n.jpg

正直な話、生産者だけに目立つ大きく紹介されています。
が、、、紙面上に見えない多くの方からフラワーパーク「花の学校」の
再生リニューアルのために、とんでもなく力を貸して頂いております。

庭師山口さん、設計士里山さん、
造園家坂本bros、陶芸家ケンタロウさん、
一緒にディスプレイを作ったり、テーブルを作ったり
原生の森を作り蘭を植えたり、石を積んだり、最高でした。

ご来島の上、壁面緑化の資材をご提供頂いた伊藤商事 伊藤社長、
井上さん、空閑さん、続さん、心からお礼申し上げます。

みなさんのお陰で最初の一歩がスタートできます。


これからこの新聞を見て、心弾ませて来園されるお客様の
期待を超えられるように、花も、講座も、体験も全力でいきます!


ワクワク 感謝!


posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

【あの先生に出会えていなかったら、今の自分はない】


先生の前に立って話す、という貴重な機会を頂きました。

九州中の農業高校の先生の研修会に、お声かけ頂いたのは
私の母校、熊本農業高校の担任の福島先生。
「宮川、よろしくな!」と言われれば、ハイかYESしかありません。爆

120%の思いと勇気で返事して今日になりました。

高校生の時は、農校生として実習や専門教科を楽しみつつも
校外では土臭さににちょっとだけ、恥ずかしい気持ちも正直持っていました。

しかし今は農業高校で学ばせてもらった事が誇りに思え、
汗泥まみれの実習がなんだかあたたかく、たのしく思えます。

さらに熊農OBの元気の良さと繋がりのの強さに、まだまだ
恩恵ばかりを受けています。これからは恩返しの時です。

講師紹介(しかもサイバー農家と!笑)、そして謝辞まで
担任の先生(現八代農業高校校長)というのは、
きつ過ぎましたし、いつも以上に緊張もしました、、、

が今は仏のような優しい雰囲気です(笑)

「親が子供にしてやれる一番大きな事は
   親自身が生きがいをもって楽しく生きる背中を見せる事」

家族はもちろん、先生(親)と生徒(子)もだと思います。

明日は中2の私に「内海を泳ぐか、外海を泳ぐか?」と聞き
東京農大に導いて下さった、父の恩師、真弓先生が来園されます。

「あの先生に出会えていなかったら、今の自分はない」

農業高校の先生にはそう思わせてくれるような
素晴らしい先生が多いように思います。
自分もそんな人生、人との関わりを持てるよう努力します。

今週は多くの時間を外での学びに使わせて頂きました。
最高にアツい農場を守ってくれるみんなと、家族に感謝します。

598467_495100147235113_1944415449_n.jpg

1237282_495112510567210_392738685_o.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

抱腹絶倒 熊本あるある

業務連絡 ==> 熊本県民の方限定

先輩に教えてもらったのですが、 ダッゴ ワラッタバイ

--------------------------
【熊本あるある】
「ばんそうこう」のことを「リバテープ」という。

「はわく」「なおす」が標準語でないことに驚愕

福岡に対抗意識を持っているが、心の中では勝てないことを分かっている。
鹿児島に対抗意識を持たれているが、負ける気がしない

ワンピースの始まりの海「イーストブルー」はおだっちの
出身校「東海第二高校」が由来なのが誇り

好きな飲物「水道水」

時々くりぃむしちゅーの二人が熊本弁を喋った時のテンションの上がり方は異常

パルコ前の球を回そうとすると、田舎者の熊本人からさらに田舎者と罵られる

学校の扉に「あとぜき」

ばってん荒川をリスペクト

「AVクラブ」という言葉に卑猥さを感じない

熊本県ではカッコつけてる人の事を「シコっとる」と言う。カッコつけすぎな奴は、
「アイツぎゃーんシコっとっ!」と言う。他県で言うと変態扱いされる

ジューシーのパックの下にあるAとかBとかCっていうのをみて
これは甘いこれ酸っぱいとか根拠も無く判別

まるぶんのカッパの衣装がシュール

各方向に「さん」をつける。右さん、左さん、あっちさん、こっちさん

to熊カード ←読める人は熊本人

タイピーエンは全国区だと思ってた

エスカレーターの立ち位置 関東:左側 関西:右側 熊本:真ん中

通町筋で誰もバスの降車ボタンを押さない。

若っ人ランド テレビタミン 夕方いちばん ぴゅあぴゅあ

熊本県民「あんパンとあんパンとあんパンばください」他県民
「あんパン3つでよろしいですか?」熊本県民「違う」他県民「?!」

他県民「欲しいもんある?」熊本県民「にゃー」

「あそこの道をぎゃーん行ってぎゃん行ってぎゃん」

「すーすーすっ」「 とっとっと?」 「とっとっと!!」  

「◯◯さんはオンナッデスカ?」が他県の人に誤解を招く

「さろきませんか?」(一緒に歩きませんか?) は「猿は来ませんか?」にしか聞こえない

おじーちゃんの「こけ来い、こけ来い」は孫には「コケコッコ」にしか聞こえない

辞書は『くる』もんだと思ってる。

お母さんの決め台詞は「なんばしよっとね!!!」w 

離合が県外で通じないことに驚愕

スザンヌの妹、くりーむしちゅー上田の兄に会おうと思えばすぐ会える

チクサクコール!チクサクチクサクホイホイホーイ

おたんじょうびおめでとうスナップ

真夏になると氷に埋まった陣太鼓が街に出没

熊本県民でも書けない漢字「済々黌」

熊本駅が完全に空気

女子しかいない共学があるw

「今日はですね」で話を始める人は9割熊本人

あ〜やっぱり熊本が好きだなぁ☆という方はシェアをお願いします。
posted by miya at 00:00| 熊本 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

幻のランに会いに行く @トルコ


正直、この町に来ればトルコアイスの元となる
ランに出会えると思っていました。

渡航前にはネットで拾えるわずかな情報+
ビルギルさんトルコ調査、それに領事館への問合せなど
できる限りの情報は集めていったつもりでした。


「Wolcome to the Ice Cream city」とうたう
この町に、ジャックとくれば言葉の壁もなくなり
きっとリーチできると思っていました。


しかし現実は甘くありませんでした。

周辺の山ならきっとどこでも、、、
そんな状態でもありません。

ではトルコアイスを売る伝統的なアイス屋さんに
聞けばきっとヒントをくれるはず、、、

大切な原料について、喜んで教えてくれる
訳はありませんでした。


丸一日かけて、現地の方に聞き続けるもヒントは出ません。
彼らは隠しているのではなく、本当に知らないのです。


おそらく20人を超えていたと思います。
ただここまできて、簡単にあきらめて帰る訳には行きません。

そんな中、自然古来の薬草屋さんにふと足を止め、
駄目もとで話を聞くと、彼は小さい頃に父親と
それを見に行ったことがあるというのです。

何故ならそのランの粉は、非常に高価だけれど
トルコアイス以外にも、

その粉末は心臓病に効くとされているからです。
正直、胸が高鳴りました。やばいと思いました。


その薬草屋の若大将に本気で頼み込みました。

「昔はあったけど今は見つかるもんじゃないよ。
  それに場所だって曖昧だから・・・」

2時間、チャイをすすりながら懇願する私に
彼がそこまでいうなら、と電話をかけ

「ほとんど可能性はゼロに近い、
  ないものと思って行くんだからね」

そういいながらも、
知り合いの車をチャーターしてくれました。


そして当日、私、ジャック、それに薬草屋のムハメッド、
それにドライバーさん、4人のパーティーで
伝説の山を目指し始めました。


甘く見てました。1時間たっても完全にオフロードに入り坂道が
続くので車はオーバーヒート。

近くの小さな村に、立ち寄りました。

「こんな村にどうしてきたんだ?」
そこでランの話をしてみると、なんとなんと

ランの自生地を知る男が現れたのです。超濃顔です。

パーティは5人に増えました。
車がいよいよ苦しそうにも止まりそうにもなっています。

みんな私よりもうんと若いのに、貫禄があり
心強くなりました。


少しだけ希望の光が見えてきました。

続く
posted by miya at 21:58| 熊本 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カッパドギアの自然美に  @トルコ

ペンションの店主がこう迎えてくれました。

「Welcome to the Anoter Planet!」 まさにその通りでした。

幸運にも富士山の世界遺産登録と時を同じにして、
1985年に登録されたこの街にやってくることができました。


必ずまた訪れたい、そう思える素晴らしさでした。 − 場所: Cappadocia Voyager Balloons

1014287_467331450011983_758113470_n.jpg


1011179_467471243331337_552728129_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

田んぼの風景と ハウス

ジャパンに生れて良かった。 に生まれ育って良かった




そんな戸馳島で田植えが始まりました4月12日


    

 

写真: ジャパンに生れて良かった。 島に生まれ育って良かった。<br /><br />そんな戸馳島で田植えが始まりました。<br /><br />深  呼  吸  
そして6月4日

空はまるで君のように〜 青く澄んで〜 どこまでも〜
 やがて僕ら描き出した〜   明日へと走り出す〜 ♪』

 http://www.youtube.com/watch?v=YNf8bVKppmA

と、農場までのハイウェイを窓全開、ノリノリで歌っていても、
それを聴いているのは伸び盛りのお米さんと、水路の亀さんだけ。

贅沢だなぁ〜 この辺はマイナスイオンが肉眼で見えてしまいます。笑 


はい
写真: 『空はまるで君のように〜 青く澄んで〜 どこまでも〜<br /> やがて僕ら描き出した〜   明日へと走り出す〜 ♪』<br /><br /> http://www.youtube.com/watch?v=YNf8bVKppmA<br /><br />と、農場までのハイウェイを窓全開、ノリノリで歌っていても、<br />それを聴いているのは伸び盛りのお米さんと、水路の亀さんだけ。<br /><br />贅沢だなぁ〜 この辺はマイナスイオンが肉眼で見えてしまいます。笑 <br /><br />オーストラリア戦にも負けない位<br />阿蘇の世界農業遺産認定に沸きまくる熊本からでした。はい






posted by miya at 00:00| 熊本 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

中2の学級日誌から出てきたあの頃の自分

どうやら20年くらい前から目立ちたがりやだったらしい、、、

posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

トラック救出劇と反省点

人の失敗を笑ってしまい懺悔しています。

今日は年度末もあり、珍しく残業している中
福岡から配達に来られた4トントラックが片輪を
田んぼに入れて出てなくなってしまいました。

しかも欠員で社長さん自ら久しぶりに運転されたとの事。
それはそれは豪快な落ちっぷりでした。

傾いたトラックを見た瞬間、なぜだか親近感が湧いて
(先月は嫁さんの仕業です 誤解なきよう)

「うちのトラックで引っ張り上げましょう!」

妙に胸がアツくなり、自車救出用のワイヤーをひっかけて
4トンのお尻同士を合わせるようにうんとこせ!と
ひっぱったら見事にぶぶぶーんと這い上がってきました。

あー なんか嬉しかった―  
「まま、運転お気をつけて」とは心の中だけで言いました。

俺って正確ワリーーーーーー     爆
− 場所: 森水木のラン屋さん


posted by miya at 22:16| 熊本 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

五蘭塾 東京商談会 初開催!

今日はスカイツリーの見える東京駅前のビルで、
五蘭塾商談会 in TOKYOを初開催させて頂きました。

島の仲間と桜を植えたり、こうして洋蘭の産地として
都会に乗り込んできたりととてもアグレッシブに
動ける環境は本当にありがたいと思います。

東京初開催にもかかわらず、お集まり頂いたお花屋さん、
仲卸さん、市場の皆様、ありがとうございました。

多くを学ばせて頂き朝6時からみんなで出てきて良かったバイ、
とこれから都内で熊本弁反省会です。



posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

毎日のはじまりは

常に前向きに生きる。

いつもこの時間に一日がはじまる

GO GO GO!

写真: 常に前向きに生きる。
いつもこの時間に一日がはじまる
GO GO GO!
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

東京ドーム出展と松井さん講演会をみんなの力でやり遂げて

アンディ松井氏の東京講演が、無事終了しました。

氏が7年前に立ち上げ、初代会長を務められた世界組織
「国際商業ラン栽培者協会」(ICOGO)の若手生産者の仲間で協力し合い、
東京ドームでの蘭展ディスプレイと共に本講演を主催する事が出来ました。

先日の体調不良、それに不慣れな日本語でのスピーチなんのその、
氏の50年もの花一筋の経営へのたぎる想いに、波動みなぎる2時間20分の講演でした。

伝説の第三部「日本農業への提言」含め、本講演分は氏のご許可を頂いたので後々、
動画資料を提供できる事になるかもしれません。

昨夏のカリフォルニアでのフラワースクール、その魂を一人でも多くの方に
伝える使命を背負った12人の仲間たち、そしてそのリクエストにお応え頂いた氏、
そして本講演会に参加頂いた皆様に心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。ありがとうございました。

写真: アンディ松井氏の東京講演が、無事終了しました。

氏が7年前に立ち上げ、初代会長を務められた世界組織「国際商業ラン栽培者協会」(ICOGO)の若手生産者の仲間で協力し合い、東京ドームでの蘭展ディスプレイと共に本講演を主催する事が出来ました。

先日の体調不良、それに不慣れな日本語でのスピーチなんのその、氏の50年もの花一筋の経営へのたぎる想いに、波動みなぎる2時間20分の講演でした。

伝説の第三部「日本農業への提言」含め、本講演分は氏のご許可を頂いたので後々、動画資料を提供できる事になるかもしれません。

昨夏のカリフォルニアでのフラワースクール、その魂を一人でも多くの方に伝える使命を背負った12人の仲間たち、そしてそのリクエストにお応え頂いた氏、そして本講演会に参加頂いた皆様に心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。ありがとうございました。
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

三角中学校の元気な海男

今日は名門、三角中学の海男達とアツい夜を過ごしました。
友達なので無許可にて自慢したいと思います(笑) 左から

中野 誠志>「ダイビングと水中カメラは俺に任せろ!」
天草の海でダイビングショップを運営しつつ
最高に素敵な水中カメラマンとして大活躍しています。

太田雄三>「トラフグと車海老の事なら俺に任せろ!」
来年にはトラフグで日本一の規模に、エネルギーが溢れ
過ぎているお祭り男。フグヒレ酒うまかったばい!


稲葉 達也>「天草の海と船の事なら俺に任せなっせ!」
高級マリーナのハーバーマスターとして海の案内人、
さらには私の船免許の恩師でもある超海男。お人好し丸顔


そんな素敵な同級生と、自分の人生観、仕事観を重ね
会うたびに盛り上がってくるのは地域の活性化。

大好きな、三角、天草の海 
   僕たちにちょっとだけ期待していて下さいね☆


2012-11-08 20.52.52.jpg

posted by miya at 07:17| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お世話になっている革グッズに感謝

いつもとても、とても近い存在として
お世話になっている皮製品さん達を一つ一つ拭いたり
潤いオイルを塗ったり等々、感謝作業をしました。


いつも私プラス思考やアゲアゲなテンションで
いさせてくれる光らないけれど、味のある応援団です。

感謝!末長おつきあいをよろしくお願いします。

2012-11-04 09.55.24.jpg
posted by miya at 07:11| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

お客様の声が何よりの肥料です

宮川洋蘭ではいつも最高の月曜日を迎えられます。

お届けしたお客様から頂いた手書きの生のお声です。
これを朝礼でみんなの前で発表し、共有しています。

品質、サービスの向上につながらご指導を頂ける事はもちろん、
生産者としてなかなか聞く事の出来ないご利用シーンや、受け取った方のご感想まで。

何より花で繋がるストーリーには時に涙したり、手をたたいて喜んだりします。

花の仕事の役割、なんのために、が一番感じれると思います。

「お客様の声集」としてファイリングしたお葉書を含めると3年間で4,000枚を超える手書きメッセージを頂きました。
宝物としてそれを肥料(エネルギー)にして、みんなで一歩一歩、成長していきMAX!


やっぱり僕は漁師より、花作りが向いとるばい(笑)

2012-10-22 08.13.46.jpg
posted by miya at 23:53| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さな島の大切な祭り

戸馳 若宮神社のお祭り。

明日のお祭りに向けて、地元の長老様たちと(父含む)
イケメン消防団で神社で準備や飾り付けを行いました。

境内にかかった木を切りおとしているときに「プオーン」と
飛んできたのは最強蜂スズメバチ。
なんとまー、立派な鉢の巣がすぐそばにありました。

彼らは彼らで一生懸命巣を作り、暮らしているので
私達人間の勝手ではありますが、明日は子供相撲や神輿
など子供てんこ盛りのため退去頂く事に。

長老の知恵&消防団の度胸による大獲物でありました。



さて当日。
子供神輿みこしで島中に幸せをお届けした後は、境内で子供相撲。

小学校の頃、あんなに大きかった土俵が今では小さく見えるようになりました。

370年続く古き良き伝統がここにはあります。そろそろ教わり、伝える番だなぁー。

2012-10-14 13.14.56.jpg

posted by miya at 23:52| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほっこり源ちゃんと再会@ハウステンボス ガーデニングワールドカップの巻

運命を感じる瞬間。

この前、鹿児島は指宿を気持ちよく案内してくれた花の店 源川さんに、
長崎はハウステンボスのガーデニングワールドカップ会場でばったり再開してしまった時。


2012-10-02 13.49.50 HDR.jpg
posted by miya at 23:50| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

もしも、のときに役立つクラウド化

台風が本州に向かっています。Cross your fingers !

とりわけ農家にとって一番大切な秋の収穫期に
大きな被害がでない事を切に祈っています。


今日は自称『サイバー農家』として一筆
(島の農家青年でも使えるなんて簡単そうだネと思わせる作戦)

7月の九州豪雨にて、尊敬する先輩の生産農場がまるまる
水につかり、1haを超える膨大なハウス内の苗がトレイごと
流されました。農場全部が壊滅状態です。

「あー 一気に整理されちゃったよー。 
     でも良かったワ データまで潰れなくって」

事務所にあるパソコンまで浸かるどころか、流されました。
PCの故障には備えますが、水浸しに備えてますか?

これまでのように外付けハードにバックアップ?なら
その機器ごとだめになっているでしょう。

「データを普通にクラウド化していた」ことがポイントです。

私も昨夏からDrop Boxが手放せなくなっています。
わざわざバックアップのためという以上に、いつでも
どこでも普段のフォルダを触るようにしてデータが
出せて更新できるのが非常に便利です。

農場でも社内有線ネットワークが中心でしたが
今朝のように自宅のPCで作業をしたり、スマホとも
連動させたかったので→大切なデータや写真は
Dropboxに入れるようになりました。

ストレスなく便利にに使えて、万事の際に
役立つって、「こらぁたいぎゃよかばい!」と。

光ケーブルが百年届かない(泣)と言われたこの島でも
クラウディなPC環境になってきています。


インテリなタイプ、PCに強すぎる人がこんな事書くと
あの人だから使いこなせるんでしょ?とか最悪
アフィリエイト?と思われる事もしばしば。

今日はサイバー農家として、迫る台風や水害への備えの
一つとして思う事が遭ったので書かせて頂きました。
以上です。

PS この表紙?ムービーは見逃せないアカヌケ作です! 
https://www.dropbox.com/
posted by miya at 12:44| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸せな出産の記録


11.JPG



12.JPG
posted by miya at 12:43| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「泉 いずみ」 名前に込めた願い

〜宮川泉〜

湧き出る泉のように、人の心に潤いや癒し、それに元気を
あげられるような人になってほしい。


いつもいつも優柔不断な、母水木がそんな願いを
込めて命名してくれました。

みやがわみずき みやがわいずみ なんか似てますね。

木と水だけで構成される母、森水木の血を受け継いで
笑顔の似合う朗らかな女性に育ってほしいな、と思います。

よっし、宮川家が久しぶりに6人家族になりました。

笑いの絶えないこの幸せが続いていきますように。
posted by miya at 12:34| 熊本 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする