2015年02月20日

忘れ物もたまにはよかね

携帯電話を忘れてきた今日。


春を思わせる暖かい日差し差し込む
洋ランハウス。



いつもの笑点の着信音も鳴らず、

植物たちの呼吸が感じられて
なんだかハッピーでした。



11017705_773202476091544_4787461919488425178_n.jpg


ヒーリンgoodメロディ

− 場所: 森水木のラン屋さん


posted by miya at 00:00| 熊本 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

東京ドーム 世界ラン展グランプリ受賞

もう言葉になりません。

農大の一つ後輩、彼がまた一つ夢を叶えました!

見てやって下さい、彼の思い。

10470571_813985915342518_1900741618229531530_n.jpg

「プロフェショナル」

僕は仕事である「蘭」について、プロフェショナルでありたいと思う。

プロフェショナルとは何なのか?

大好きなテレビ番組、NHKの「プロフェショナル」。

そこには色々な世界のプロフェショナルが登場する。

哲学や考え方、世界を動かすトップランナー達の思いは様々だ。

そんな中で、この人の生き方 カッコいいなー、って僕が思う人の考え方には共通点がある。

1、自分の努力や才能、研究してきた事を誰かのために使う。

2、失敗や一時的な結果にとらわれず、進化し続ける

3、あきらめない

当たり前だけど、とっても難しい。

でもやっぱり、そんな生き方はカッコいいと思う。

明日から東京ドームまで始まる、世界らん展2015。

今回で25回目なんだって。

9日の間に毎年何十万人、蘭の花を見に日本中から人か東京に集まる。

花の仕事をしているけれども、これってとっても凄い事だと思う。

だって僕の運命が違って、蘭農家の息子じゃなかったら、きっと2200円も払って東京ドームまで花を見には行かないかもしれないから。

僕の事を知っている方は、よくご存知だと思うけど、あちこちで日本大賞 (世界らん展のグランプリ) を獲る!と常々言っている。

皆、僕の言う事は、ドンキホーテと同じだと思っていたと思う。

将来はプロ野球選手になるんだ!と言う野球少年を見るのと、同じ目をしていたから。

(熊本の宮川先輩と、日比谷の難波さんは、本気に思ってくれてました。)

一緒に夢見ていた人達も、いつしか

「アマチュアのには勝てない」

「蘭展と蘭生産は違う」

何かしらの理由で、自分が咲かした蘭の花で、数十万人達を心を動かす事の出来るチャンスを諦めていくのが、よくわかった。

確かに、日本のアマチュアの蘭栽培レベルは世界一

農家が弱音を吐くほどの高い栽培レベル。

マーケットも多くの生産者が生きるか潰れるかの、非常に厳しい向かい風。

蘭展どころではないのは、当たり前の事だと思う。

ウチも4年前、雷が温室に落ちて燃えちゃって、大変で、今なお大変で。

父が病気になり、祖母が倒れ、誰も助けてくれるわけもなく、本当に大変で。

そんな中でも、僕は諦められなかった。

自分の咲かした蘭が、数十万人の人達に見てもらって、蘭って綺麗だな〜とか思ってもらえる。その中心に自分の蘭がいる事を。

僕が東京農大の合格発表の日に、初めて行った世界らん展から17年。

あきらめなければ、夢は叶うものなんだとよく言うけれど、本当でした。

今日僕は、ほんの一歩、プロフェショナルに近づけたと思います。

かとう はるゆき

posted by miya at 00:00| 熊本 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

【一年の締めくくり 釣り大会】

今年も友との船上忘年会。
高校の元気な同級生は切っても切れない仲です。笑



宮川家のお正月がかかっています。
お魚ちゃんまで年末休暇じゃない事を願っています。



7時現在、異常なし、、、冷汗

− 場所: 牛深港

10906188_747104975367961_4079995850770810868_n.jpg


【今年最後のスーパーサプライズ!】



まさかまさかの、、、
激闘の末、海面に顔を見せたのは
天然の寒ブリ11キロでした!



10891850_747622241982901_5818195107088431764_n.jpg

今年の船の最高のレコードだそう。
年末のセリではキロ2500円というから
おう、最高すぎるタイミング!



さらに高級魚のアコウに、

10882173_747622161982909_8587358494855014400_n.jpg


レアなヤガラちゃんまで。


10891938_747622211982904_6990725757281406032_n.jpg


愉快な午年の仲間とともに、
最高の締めくくり。

来年もよか年になるばい!
みんなありがとう!

posted by miya at 00:00| 熊本 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

「光陰矢の如し」

こんな曲を聴いていたのが、もう20年前だなんて。



人生が今より短かった先人たちが残してくれた言葉 



「光陰矢の如し」



月日の流れるのは早い、大切な人との時間、花との時間、

大切にせねばとおもいます。



後悔は少なめ〜のマーイラーイフ   に!乾杯!
posted by miya at 00:00| 熊本 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

【三角のよかポスターが出来たけん の巻】

先日お会いした小山薫堂さんが
「サイコーにいいね」と太鼓判を頂いた
こちら熊本県、みすみ町の名店紹介ポスターが出来ました!
http://misumi-poster.com/



地元の学生やクリエーターさんが作ってくれた
多種多様な超アカヌケ作品ばかりです。



30作品の中から「よかね!」と思ったポスターを
選んでもらえると嬉しいです。



三角に来た事があるひとも、
三角って知っるわと言う人も、
三角にいつかいきたかね、

そんなあなたに見てもらいたかっ!!



ぷぷっと笑える人情味たっぷりの作品です!



拡散大歓迎! というよりお願いしMAX!
http://misumi-poster.com/

− 場所: 三角西港
posted by miya at 00:00| 熊本 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

【シンビストのシンビ 石田蘭園 石田隆博】

いつも彼とは、田舎勝負になってしまいます。


10409311_724635984281527_7120341853642997371_n.jpg

しかし私に言わせるとここTOBASEJIMAをゆうに超える
田舎さを誇る(笑)高知県、宿毛(すくも)。

県内でもある高知市内に出るまで3時間と
いうのは脱帽以外ありません。



さて、はるばる四万十を超え、石田君から贈って
もらったテーブルシンビや和蘭。


10547425_724629210948871_8355754411381008095_n.jpg

今年は9月に父ちゃんになって、さらに今
出荷最盛期で数万鉢のシンビに囲まれつつも、
おそらく写真なんてとる心の余裕がないだろうから。



3月に地元花の学校に花が咲いた株を地植えした和蘭 ふるさと。

シンビストの彼の言うとおり、一年を待たずもう花を
咲かせてくれました。 やるなー

10385273_724629244282201_1882135404204106084_n.jpg
https://www.facebook.com/cymbist


↑こちらのフェイスブックページ、シンビだらけです。注

樹に着生して生きることが多い洋蘭を、花苗のように
地面に植えるのは勇気がいることでした。


10389354_724629390948853_4974316320956284831_n.jpg

でもみんな夏を越え、冬に向けて根を張り、葉を広げています。
だから仲間たちも、増やさせてもらいました。

私が小学生の頃、うちでもシンビジュームがハウスに
いっぱい咲いていた頃を思い出します。


何も考えず、花から出る甘い蜜もなめてた・・・(笑)

世界一と言われる日本のシンビジューム。

10268405_724635760948216_5771395763867471754_n.jpg

特にシンビストが作るシリーズは日本にルーツを持つものが
多く、近隣国とのハーフ品種もあり、
そう考えると、平和の花かも。


島、そして全国の楽しいラン仲間たちと寒い冬&年末を
笑顔で元気モリモリ、盛り上げていきたかっとおもいます!

ヤッホー

石田 隆博さんと一緒です。
posted by miya at 23:39| 熊本 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

東大現役合格→大学院→国家一種取得→農林水産省 


そんなキャリアだけ聞けば、エリート過ぎて
「血の通った人間かい?」「たぶんおちゃっかね!」
そんなイメージもあるかもしれません。



ただならぬ気配りと優しさ、そして仕事熱心な姿勢で
そんなイメージを一人で変えていった彼。



研修前にこっそり僕ら側の研修目標として
話していたことがあります。


・・・泣かせる。それくらいの濃密な時間を過ごしてもらおう。


1か月で、受け容れ農家としてそれが出来たら合格ばい。と。



結果、最後の朝礼での挨拶、家族、そして保育園でも
気持ちよいくらい男泣きをして、旅立ってくれました。


そんな彼のミニ研修報告書が、
農水省のフェイスブックページにアップされていました。

農業経営と地域の密着。


この点を感じてくれたのがとても嬉しかったです。



彼の研修に際し、花だけではもったいないと、
訪問させていただいたセブンフーズ 前田社長、
福田農場 福田ブラザーズ、そして農業の先輩方
友人たち、ありがとうございました。


この経験を自分の人生、そしていつか日本の農業に
少しでも生かしてくれることを心から願っています。


=======================

10313677_718632411555388_7346438423955976641_n.jpg



【若手職員の農村派遣レポート〜熊本県宇城市】
 農林水産省では、入省2年目の若手職員が農家さんのお宅に1か月間泊まり込み、農作業を行う独自の研修制度があります。本日は、先月、熊本県宇城市三角町戸馳(とばせ)に研修に行ったKさんの研修レポートを紹介します。
______________________
 皆さん、こんにちは。農林水産技術会議事務局のKと申します。
私は、熊本県宇城市にある有限会社宮川洋蘭で研修をさせていただきました。

 宮川洋蘭では30人の従業員で洋ランの生産、販売を行っています。贈答用の高級なイメージがある洋ランですが、自宅で楽しんでもらいたい、との思いから、胡蝶蘭だけでなくデンファレ、カトレアなど多様な品種を取り扱い、家庭用の栽培セットなどをインターネットで販売している会社です。
 また、6次産業化にも取り組み、ボトルフラワーの生産・販売も行っています。ボトルフラワーとは、特殊な方法で乾燥させた花をガラス容器の中にアレンジし、密閉したものです。少しずつ売上を伸ばしており、今後、町の特産品にし、ひいては輸出することも目指し、取組を強化していくそうです。

 宮川洋蘭では様々な取組を展開していますが、その背景には「変化するものこそが生き残る」という理念があります。収穫が一定の時期に限られる、収穫物が実るまでに数年を要するものもある、などの条件を抱える農業では、時代の変化に適応することは簡単ではありません。しかし、難しい条件を抱えているからこそ、変化を見極め、適切に対処することは重要なことだと感じました。

 農業を経営するとはどんなことなのか?それを体感したいと目的を定め、研修に臨みました。雇用と特産品を創出することで地域へ貢献しようとする宮川洋蘭の経営に触れ、農業経営と地域が切っても切り離せない関係にあることを強く実感しました。明確なビジョンと夢を持ち経営されている宮川洋蘭での経験は、国家公務員として、現場で試行錯誤しながら努力を続ける方々とともに、農業や地方の活性化に取り組んでいきたいとの思いを強くさせました。

 戸馳は、観光地として有名な天草から程近くにある島です。17の洋ラン農家があり、花であふれるこの島に、一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。
posted by miya at 00:00| 熊本 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

【七夕さんに時間差お願い】


私たち農家の必死の台風準備が
取り越し苦労になりますように!!

10474899_646200845458375_4683566119176320950_n.jpg
cross your fingers for us!
− 場所: 森水木のラン屋さん


そして
【人事を尽くして天命を待って見た】
この島めがけて進んできた台風8号さん、
万事に備えてと夜、自宅を離れ農場にいました。

自宅では幼い子供たちも、小さな専用の
防風シェルター?に非難して無事だったようです。


花もハウスも被害なく、通常業務に戻りつつあります。
ご心配いただいた皆さんありがとうございました!
ホッ 
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

【一番の肥料】


試合前、日課となっているお客様レビューのチェック。
喜ばずにはいられない事があったのでスイマセン。

嫁さんが運営する楽天市場の直営店舗
「森水木のラン屋さん」のショップレビューが
6年間ではじめて【4.64】という値を付けていました。

1601441_634499309961862_321801979363048972_n.jpg

18,922 人もの感想(レビュー)は宝であり、お誉めはもちろん
お叱りの言葉も、私たち生産者の一番に肥料です。
http://review.rakuten.co.jp/shop/4/232442_232442/1.1/


正直、みんなが思うほど順風満帆でもなく焦ったり、
失敗が続いたり、お客様の声に真摯に耳を傾けれない時期も正直ありました。

そんな時はレビュー評価がみるみる下がっていき、
数字が嘘をつかない事がよくわかりました。


でも今、生産者として何より花作り、そして
受注、梱包、お客様対応、チームみんなで


〜顧客満足度UPへの終わりなき挑戦〜


ワクワク楽しんで参ります! 感謝
− 場所: 森水木のラン屋さん
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

【奇跡!!楽天ランキング1位】


うちのランとうちの嫁さん(笑)が今1億点を越える、
楽天市場ののランキングで大露出を果たしております!! 

恥 嬉 涙

母の日のひとつの花として、思いの詰まったこの
洋ラン「母想い」が選んでもらえるのは
本当に本当に嬉しいなぁと思います。

10325235_610190515726075_6094770953168119514_n.jpg


昨日の天気といい、今日とのまぐれと言い、よか事ばっかり!多謝!
4月もいよいよラスト、5月もみんなでがんばりましょう!


1781962_633806136710665_1049215197916105264_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

【ボヤいてよかですか】


机から出てきたちょっとワイルドな
アメリカ時代の免許証。

チラッと見せたら,
いつも笑顔で仏のようなお客様対応大臣のT田さんが、

10年前の私を見て
「アッ 将人さん 首があるっ」って言わした。

滝 涙
 
10156141_600985079979952_2635554763286519223_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

【4月29日昭和の日 オールドカーフェスティバル!】


ということで、これまで2年委員を勤めさせて頂いた

三角活性化委員会のメインイベント

「オールドカーフェスティバルinみすみ」

https://www.facebook.com/misumioldcarfes

第二回大会を昨年と同じ、昭和の日に地元三角で開催することになりました!

オールドカーチラシ最終版4.1.jpg


ハイ! 母の日出荷前の一年で一番忙しい時期です♪


でもこんなに喜ばれて、地元がにぎわうイベントなら喜んで!であります!

昨年第一回、誰も予期できぬほど人が集まりパニック寸前


「ミスミの奇跡」とも呼ばれた塩と昭和のにおいが似合う三角の大イベントです。

フェイスブックページとして いいね300越え、シェア16件・・・汗
何か起こりそうな予感です。



ご周知のとおり、車の運転はもちろん!車種さえわからない
発展途上な私がちょこちょこ広報担当としてフェイスブックページも
写真等々をアップしてまいりますので、



是非「この車は●●●!懐かしい!」

なんてお助けコメントをいただけますと、心底助かります!HELP!



当日も是非遊びに来てくださいませ! 

564687_451312164998169_1406555535_n.jpg

posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

【OtoO オンライン→オフライン】@東京

東京ドームラン展

滞在8日目。



五蘭塾商談会→東京ドームラン展出展と
てんこ盛りであっという間の毎日です。


ようやく雪にも人の流れにも乗れるようになってきたこの頃。

渋谷区植物園で開催した第二回、洋ラン栽培講習会には、

いつも応援下さるお客様に囲まれて、

最高に楽しくあったかい時間を共有させて頂きました。


1653292_579109128834214_344435371_n.jpg


嫁さんもいつも顔を会わせる事の出来ない関東のお客様に

出会えるとこに大喜び。


3日間の滞在予定を伸ばしラン展ラストの日曜日まで

みんなで頑張ることになりました。



『わァ〜店長〜番長〜 会いたかったわァー』


本当にありがたいなぁ。



顔の見える、話せる関係になった時、インターネットも

いよいよ温度を持つものになるんだなぁーと実感。



これからも有機的なサイバー農家を目指します!

日曜日まで楽しみます!


1969393_579105472167913_1730618263_n.jpg

森 水木さんと一緒です。
posted by miya at 20:45| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

【絶対忘れないように】


名取市の閖上地区を訪ねました。
テレビで見たことはありましたが、平たい土地、中学校、とにかく言葉を無くしました。

1662283_573125759432551_1342590965_n.jpg


その時声をかけて下さった地元のお二人に、一時間以上もお話を聞かせて頂きました。

微力でも無力ではない。

何より自分で歩いて感じた事は大きかった。

九州の小さな島から元気を発信して行きます。そして絶対忘れません。そしてまた必ず来ます!

実り多き二日間に感謝。

1555508_573125736099220_245620395_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

【小さな島のDr.サトー】


娘が元気になった!とのハッピーな投稿をした日曜日の朝。

午後から父ちゃん、風邪で倒れてしまいました。情けない・・・
平熱の低い私にとって38.4℃は非常にきつかった。

こんな時は健康でいられる、仕事ができる、看病してもらえる
有り難さを痛感します。

今週は東北出張を控えた、とりわけ大切な一週間なので、
長く寝込んではいれません。インフルエンザなら洒落になりません。

そこで島内にある車で2分の佐藤医院に行きました。

ここの佐藤先生は、大学病院の内科医として活躍された後、
人口1,400人のこの戸馳島の医療を少しでもよくしようと
大学から惜しまれながら、30年前に帰ってこられた先生です。

御歳86歳、今も島で唯一の医療機関の医院長として
現役で補聴器をつけながら、聴診器を胸にあてられる先生。

1743738_571300812948379_1227600500_n.jpg


一生を人のために捧げる人お覚悟なんだなと心底思いました。

以前ある経営者の方がおっしゃった言葉があります。

「損か得か」の物差しを超え「よい事か、悪い事か」で
    物事を判断できる人になりたいね。

それを体現する人がこんなに近くにいる事を改めて感じました。

おまけにインフルエンザの反応も出ず、
熱も下がってきたので早々に復活できそうです。

喜んだり寝込んだり、尊敬したりと充実した二日間でした。
先生、いつまでもお元気で!
posted by miya at 19:06| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

【樋口春三先生の旅立ちに想う】


先生ありがとうございました。

こんなにも多くの人に見送られるお通夜式に
参列するのは、はじめてでした。

そして花き研究室卒業後、毎年OB会やセミナーも
ありますが、これだけのOBが集まるのもはじめてでした。


1月4日、友人から譲り受けた奇跡のチケットを
握りしめての上京は、最短滞在ながも大泣き、
そして友人との大笑いの最高に濃縮された時間でした。


お通夜後、同窓生ですぐ隣の飲食店の小部屋で一人一人
先生に聞こえるように、エピソードや思い出を声に出して言いました。

「実るほど、頭を垂れる稲穂」とは先生のような人の事だね、
ゼミ室でのお茶会(通称お酒会)毎週楽しかったね、
僕らの意見をいつも尊重し、耳を傾けて下さったね、
人の悪口や、自分の自慢話って一回もきいた事ないね、
先生のお陰で、、そんな教え子は数えきれないよね、

とりわけ私はやはり滝涙でまともに言えませんでしたが、
最後に「先生ありがとううございました」大声で一礼。

1532119_559948264083634_1370849275_n.jpg

悲しさから感謝に感情が変わる瞬間でした。

先生、ありがとうございました。
先生のあたたかいご指導、お人柄、言葉、一生忘れません。
FB看板の先生の大根踊りを見るたびに胸が熱くなります。


また伊勢原のご自宅に会いにいきますね。
私たちが育てた花も見て頂けるように、毎年お正月に
自慢の蘭を届けます。先生のコメントいっぱいの
直筆葉書が届かなくなるのは残念だけれど。


天国では大好きな日本酒もいよいよ解禁です。


先生のような人間力に満ちた男になりたいです。
今後もずっと見守っていて下さい。
これからもよろしくおねがいします!

5630_559837820761345_1247753017_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

【島の再生は花の学校から】


今日は朝から超ホットな新聞が届きました。

本日、11/14熊日新聞(熊本No1誌)のど真ん中に3面に、
蘭にも負けじと爽やかな洋蘭ボーイ(五蘭塾の役員4人)の姿が!!

ホーム紙だけに過分な紹介がされておりますが、笑ってもよいので
怒らずに(笑)優しく見守って下さい。
1453474_545614758866289_1505668356_n.jpg

正直な話、生産者だけに目立つ大きく紹介されています。
が、、、紙面上に見えない多くの方からフラワーパーク「花の学校」の
再生リニューアルのために、とんでもなく力を貸して頂いております。

庭師山口さん、設計士里山さん、
造園家坂本bros、陶芸家ケンタロウさん、
一緒にディスプレイを作ったり、テーブルを作ったり
原生の森を作り蘭を植えたり、石を積んだり、最高でした。

ご来島の上、壁面緑化の資材をご提供頂いた伊藤商事 伊藤社長、
井上さん、空閑さん、続さん、心からお礼申し上げます。

みなさんのお陰で最初の一歩がスタートできます。


これからこの新聞を見て、心弾ませて来園されるお客様の
期待を超えられるように、花も、講座も、体験も全力でいきます!


ワクワク 感謝!


posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

【あの先生に出会えていなかったら、今の自分はない】


先生の前に立って話す、という貴重な機会を頂きました。

九州中の農業高校の先生の研修会に、お声かけ頂いたのは
私の母校、熊本農業高校の担任の福島先生。
「宮川、よろしくな!」と言われれば、ハイかYESしかありません。爆

120%の思いと勇気で返事して今日になりました。

高校生の時は、農校生として実習や専門教科を楽しみつつも
校外では土臭さににちょっとだけ、恥ずかしい気持ちも正直持っていました。

しかし今は農業高校で学ばせてもらった事が誇りに思え、
汗泥まみれの実習がなんだかあたたかく、たのしく思えます。

さらに熊農OBの元気の良さと繋がりのの強さに、まだまだ
恩恵ばかりを受けています。これからは恩返しの時です。

講師紹介(しかもサイバー農家と!笑)、そして謝辞まで
担任の先生(現八代農業高校校長)というのは、
きつ過ぎましたし、いつも以上に緊張もしました、、、

が今は仏のような優しい雰囲気です(笑)

「親が子供にしてやれる一番大きな事は
   親自身が生きがいをもって楽しく生きる背中を見せる事」

家族はもちろん、先生(親)と生徒(子)もだと思います。

明日は中2の私に「内海を泳ぐか、外海を泳ぐか?」と聞き
東京農大に導いて下さった、父の恩師、真弓先生が来園されます。

「あの先生に出会えていなかったら、今の自分はない」

農業高校の先生にはそう思わせてくれるような
素晴らしい先生が多いように思います。
自分もそんな人生、人との関わりを持てるよう努力します。

今週は多くの時間を外での学びに使わせて頂きました。
最高にアツい農場を守ってくれるみんなと、家族に感謝します。

598467_495100147235113_1944415449_n.jpg

1237282_495112510567210_392738685_o.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

抱腹絶倒 熊本あるある

業務連絡 ==> 熊本県民の方限定

先輩に教えてもらったのですが、 ダッゴ ワラッタバイ

--------------------------
【熊本あるある】
「ばんそうこう」のことを「リバテープ」という。

「はわく」「なおす」が標準語でないことに驚愕

福岡に対抗意識を持っているが、心の中では勝てないことを分かっている。
鹿児島に対抗意識を持たれているが、負ける気がしない

ワンピースの始まりの海「イーストブルー」はおだっちの
出身校「東海第二高校」が由来なのが誇り

好きな飲物「水道水」

時々くりぃむしちゅーの二人が熊本弁を喋った時のテンションの上がり方は異常

パルコ前の球を回そうとすると、田舎者の熊本人からさらに田舎者と罵られる

学校の扉に「あとぜき」

ばってん荒川をリスペクト

「AVクラブ」という言葉に卑猥さを感じない

熊本県ではカッコつけてる人の事を「シコっとる」と言う。カッコつけすぎな奴は、
「アイツぎゃーんシコっとっ!」と言う。他県で言うと変態扱いされる

ジューシーのパックの下にあるAとかBとかCっていうのをみて
これは甘いこれ酸っぱいとか根拠も無く判別

まるぶんのカッパの衣装がシュール

各方向に「さん」をつける。右さん、左さん、あっちさん、こっちさん

to熊カード ←読める人は熊本人

タイピーエンは全国区だと思ってた

エスカレーターの立ち位置 関東:左側 関西:右側 熊本:真ん中

通町筋で誰もバスの降車ボタンを押さない。

若っ人ランド テレビタミン 夕方いちばん ぴゅあぴゅあ

熊本県民「あんパンとあんパンとあんパンばください」他県民
「あんパン3つでよろしいですか?」熊本県民「違う」他県民「?!」

他県民「欲しいもんある?」熊本県民「にゃー」

「あそこの道をぎゃーん行ってぎゃん行ってぎゃん」

「すーすーすっ」「 とっとっと?」 「とっとっと!!」  

「◯◯さんはオンナッデスカ?」が他県の人に誤解を招く

「さろきませんか?」(一緒に歩きませんか?) は「猿は来ませんか?」にしか聞こえない

おじーちゃんの「こけ来い、こけ来い」は孫には「コケコッコ」にしか聞こえない

辞書は『くる』もんだと思ってる。

お母さんの決め台詞は「なんばしよっとね!!!」w 

離合が県外で通じないことに驚愕

スザンヌの妹、くりーむしちゅー上田の兄に会おうと思えばすぐ会える

チクサクコール!チクサクチクサクホイホイホーイ

おたんじょうびおめでとうスナップ

真夏になると氷に埋まった陣太鼓が街に出没

熊本県民でも書けない漢字「済々黌」

熊本駅が完全に空気

女子しかいない共学があるw

「今日はですね」で話を始める人は9割熊本人

あ〜やっぱり熊本が好きだなぁ☆という方はシェアをお願いします。
posted by miya at 00:00| 熊本 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

幻のランに会いに行く @トルコ


正直、この町に来ればトルコアイスの元となる
ランに出会えると思っていました。

渡航前にはネットで拾えるわずかな情報+
ビルギルさんトルコ調査、それに領事館への問合せなど
できる限りの情報は集めていったつもりでした。


「Wolcome to the Ice Cream city」とうたう
この町に、ジャックとくれば言葉の壁もなくなり
きっとリーチできると思っていました。


しかし現実は甘くありませんでした。

周辺の山ならきっとどこでも、、、
そんな状態でもありません。

ではトルコアイスを売る伝統的なアイス屋さんに
聞けばきっとヒントをくれるはず、、、

大切な原料について、喜んで教えてくれる
訳はありませんでした。


丸一日かけて、現地の方に聞き続けるもヒントは出ません。
彼らは隠しているのではなく、本当に知らないのです。


おそらく20人を超えていたと思います。
ただここまできて、簡単にあきらめて帰る訳には行きません。

そんな中、自然古来の薬草屋さんにふと足を止め、
駄目もとで話を聞くと、彼は小さい頃に父親と
それを見に行ったことがあるというのです。

何故ならそのランの粉は、非常に高価だけれど
トルコアイス以外にも、

その粉末は心臓病に効くとされているからです。
正直、胸が高鳴りました。やばいと思いました。


その薬草屋の若大将に本気で頼み込みました。

「昔はあったけど今は見つかるもんじゃないよ。
  それに場所だって曖昧だから・・・」

2時間、チャイをすすりながら懇願する私に
彼がそこまでいうなら、と電話をかけ

「ほとんど可能性はゼロに近い、
  ないものと思って行くんだからね」

そういいながらも、
知り合いの車をチャーターしてくれました。


そして当日、私、ジャック、それに薬草屋のムハメッド、
それにドライバーさん、4人のパーティーで
伝説の山を目指し始めました。


甘く見てました。1時間たっても完全にオフロードに入り坂道が
続くので車はオーバーヒート。

近くの小さな村に、立ち寄りました。

「こんな村にどうしてきたんだ?」
そこでランの話をしてみると、なんとなんと

ランの自生地を知る男が現れたのです。超濃顔です。

パーティは5人に増えました。
車がいよいよ苦しそうにも止まりそうにもなっています。

みんな私よりもうんと若いのに、貫禄があり
心強くなりました。


少しだけ希望の光が見えてきました。

続く
posted by miya at 21:58| 熊本 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。