2015年02月14日

【祝 加藤君の世界ラン展日本大賞】

心底驚きました! 感動しました! 震えました!



東京ドームで開催される世界ラン展25回記念大会において
東京農大時代からの友であり、蘭仲間でもある
加藤春幸が本日、「世界一の称号」を手にしました。


10352985_770062423072216_6863283348883321647_n.jpg

あの頃から本気で描いていた夢を実現させました。



学生の頃から蘭ばかり追いかけていました。
ラン、と聞くだけでうずいてしまう性格で毎年、
日本のみならず世界のラン展などにいくと必ずいて、
どっさりなにやら選び込んでいました。



その度にいつも笑顔で「これは僕の夢の花ですから、、」と。

昨年、私たちがこのラン展に出展した時には
顔を出してくれて、2014でもお立ち台にあがっただけでも
すごいのに満足ひとつせず、

「僕はなによりここでのグランプリを夢に描いています!」
「ぜったいやりますから!」

腰が低すぎる男がそのときの目は本気でした。

10993495_770061563072302_3771713803919768735_n.jpg


彼自身がFBで書いていてくれたように、古くから彼を知る
人間として彼はやるばい と信じていました。



本業はご両親が始められたカトレアの切花屋さん。

そして彼が農大卒業後始めた胡蝶蘭は、
洋蘭生産者の傑作が並ぶ全国大会で前人未到の3連覇。



そして今回、まったく別ジャンルともいえる
蘭の愛好家さん+世界のプロ の一品を集めたコンテスト。



レベルが高い? そんなレベルではありません。
プロ野球選手になる何百倍難しいでしょう。
確率的にはオリンピックで金メダル以上です。

そもそも世界で、25年間で20人しか持っていない栄誉なのだから。



洋ラン関係者が喜びながら、そしてこう真顔で言っていました。

「品評会で3回、そして東京ドームでグランプリ
蘭のコンテストでもうこれ以上の賞は存在しないですよね。
次の目標をどこに置けばいいでしょうね」と。



副賞として200万円、それにベンツが与えられる
と聞けば少し想像つくかもしれません。


10168036_770063326405459_1643452052066299479_n.jpg



花もすごかった!普通見慣れる花ではありませんが
なにより関係者をおとどかせたのはまさかまさか
栽培が非常に難しいデンドロの原種のこんな
超大株をあたためていたとは!



おそらく10年以上になるでしょう。

不思議な花姿はもちろん、ぷりぷりつやつやの
バルブと葉に彼の情熱を感じずにはおれません。



デリケートで一日たりとも気を抜けば、機嫌を損ねて
ダメにしまう並々ならぬ栽培管理が必要な品種なのです。

私が彼の結婚式の挨拶で
「加藤君は蘭業界の松岡修三です、よろしく!」と
挨拶して大すべりしましたが(笑)、、、



今回、彼が名づけた個体名 

「スピリット オブ ザマ」

10685415_770063426405449_4112440246943934878_n.jpg

彼が住む神奈川県、座間洋蘭センターの渾身の作品に
会場がしびれ、あまりのすごさにため息をこぼしています。



35歳、こんなに早くこの世界中の蘭の頂点
東京ドームグランプリをとるなんて
夢にも思っていませんでした。



「夢は強く思えば必ず実現できる」



こんな近くの友が、それを有言実行してくれました。

笑顔の素敵なおっちゃん、おばちゃん、
本当におめでとうございます。

そして かとうはるゆき
おめでとう! ありがとう! 

加藤 春幸さんと東京ドームにいます。
1504990_770076969737428_2879200597661172878_n.jpg


posted by miya at 00:00| 熊本 ☔| Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。