2014年12月31日

【人生には三つの坂がある】

あけましておめでとうございます。



大晦日のビニールハウス、ビリビリ騒動から1日。
元旦の朝から仲良く親子三人。



小さなパイプハウスの谷間に登って補修作業を
していたその刹那、体が浮き激痛が走りました。



なんと老朽化した足場が抜け落ち
右足のモモまですっぽり落ちてしまったのです。



10881638_748241038587688_550264451725798067_n.jpg


地上に真っ逆さまになはらなかったのですが
全体重を左足のスネで受け止めました。



「悶絶 もんぜつ」とはこんなことを言うのでしょう。

意識が飛びかけました。雪も降っていたし涙がちょちょ切れて
いたかもしれません。



強烈な痛みに耐え、足が動くことにホッとして、
前方の父、そして後ろにいる母に手を貸して
もらおうとしていると、、、



背後で、カシャっという電子音が鳴り響きました。

腹を抱えながら携帯を持つ母でした。



息子を悶絶姿に、初笑いしてくれた両親の姿、
僕は忘れません。




人生には三つの坂がある、と先人の教えにあります。

一つめは 上り坂
二つめは 下り坂
三つめは まさか!



3つめのまさか!と、2つめの下る(落ちる)とを
元旦から一気に体感したので、もう残すとこ364日
上り坂しか残っていません。



そうや、これは吉兆や!!

今年も限りなくプラス思考でいこうと思いまので
そこんとこよろしく!



でも足いたかぁ 、、押忍!

− 場所: 森水木のラン屋さん


posted by miya at 00:00| 熊本 ☔| Comment(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。