2013年02月07日

戸馳時がひとつになって

去年の11月から戸馳島が動いています。


「戸馳を花いっぱいの島にしよう」


島の長老たち、そして若者我々、五蘭塾のメンバーが一体となった
「夢の花咲く島 桜の植樹プロジェクト」が始動しました。


今年は島の外から見える道路際に、桜を600本植樹します。
そのためには影となる雑木林を整理する必要がありましたので、
3日間に渡って、みんなで思いっきり汗を流しました。


いよいよ明日が植樹の本番です。
樹を植える、そのために島の長老と若者たちが一緒に
島の将来を見て行動した、このプロセスが大きな実りです。
 

写真: 去年の11月から戸馳島が動いています。

「戸馳を花いっぱいの島にしよう」

島の長老たち、そして若者我々、五蘭塾のメンバーが一体となった
「夢の花咲く島 桜の植樹プロジェクト」が始動しました。

今年は島の外から見える道路際に、桜を600本植樹します。
そのためには影となる雑木林を整理する必要がありましたので、
3日間に渡って、みんなで思いっきり汗を流しました。

いよいよ明日が植樹の本番です。
樹を植える、そのために島の長老と若者たちが一緒に
島の将来を見て行動した、このプロセスが大きな実りです。


写真: 去年の11月から戸馳島が動いています。

「戸馳を花いっぱいの島にしよう」

島の長老たち、そして若者我々、五蘭塾のメンバーが一体となった
「夢の花咲く島 桜の植樹プロジェクト」が始動しました。

今年は島の外から見える道路際に、桜を600本植樹します。
そのためには影となる雑木林を整理する必要がありましたので、
3日間に渡って、みんなで思いっきり汗を流しました。

いよいよ明日が植樹の本番です。
樹を植える、そのために島の長老と若者たちが一緒に
島の将来を見て行動した、このプロセスが大きな実りです。


写真: 去年の11月から戸馳島が動いています。

「戸馳を花いっぱいの島にしよう」

島の長老たち、そして若者我々、五蘭塾のメンバーが一体となった
「夢の花咲く島 桜の植樹プロジェクト」が始動しました。

今年は島の外から見える道路際に、桜を600本植樹します。
そのためには影となる雑木林を整理する必要がありましたので、
3日間に渡って、みんなで思いっきり汗を流しました。

いよいよ明日が植樹の本番です。
樹を植える、そのために島の長老と若者たちが一緒に
島の将来を見て行動した、このプロセスが大きな実りです。


posted by miya at 22:16| 熊本 ☁| Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。