2012年08月31日

微力でも無力ではない 災害ボランティアで思う事

先月豪雨被害を受けた阿蘇に災害復旧応援のため、
今回はボランティアセンターを通じて浸水した
民家の泥だし、家具類の運び出しなどをさせて頂きました。

 被害状況は言葉に出来ないような状況でした。


しかし7月災害直後の時よりもボランティアの数が増え、
特に20〜30代の若い一人参加の方が多く、話した皆さんが
「じっとしてられなかった」「もし自分だったら」とそう
言って、汗だく泥まみれになって応援していました。


「微力でも無力ではない」私の大好きな言葉です。
作業以上に、そんなあったかいエネルギーを持った人が
集まって九州、火の国熊本 阿蘇が燃えとります!

そしてみんなを待っとります!九州からのお便りでした。


posted by miya at 23:42| 熊本 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。