2011年09月28日

生きた証と男の背中



人生を農業にかけた、そう思う熊本の宝というべき
偉大な二人が
今月、他界された。

一人
中村悟先生 私の熊農時代の実習の先生だった。
卒業後、校長先生になられたが肥後もっこすを思わせる頑固で
まっすぐな先生は農業と柔道に生き、その愛情のある「びんた」は
きっと何千人もの元気すぎる生徒の人生を代えたとさえ思う。

生徒指導でお世話になりっぱなしだった高校の友人らと
お通夜に参列したが、先生を慕う生徒、そして4,5百人もの
参列者に先生の生きざまを見て、鳥肌が立つような思いがした。

わずか64歳という若さだったが先生ほど太く濃い生き様は
私は他に見たことがない。
その夜は先生の昔話を肴に同級生と遅くまで話した。


そして福田農場の福田社長。
水俣の地に開拓者として入った両親の想いをより膨らませ、
農業と観光を結びつけた第一人者として、そして地域づくりの
リーダーとして活躍された。

3月にはじめて講演を聞き感銘を受け、農場に行ったり
また来月は福岡で講演を拝聴する予定であった。

氏を偲ぶある方の一言にすさまじさを感じた。

「水俣、そして私たち熊本の農業は大切な人材を失くしてしまった」

葬式はその人の生き様を何より表すものだと言われる。

みんながそこまで思う、氏の生き方は伝説であり
息子たちと地域に必ず受け継がれていくものだろう。


お二人の生き方に一瞬でも出会えた事、本当に幸せだと思う。

必ず自分も、、
毎日、私は花を通じてどんな役割を担うのか、そのことを意識し
精一杯生きなきゃと思う。


合掌



posted by miya at 00:19| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: