2011年05月31日

スカッと読めて腹に落ちた本

タイからの飛行機、座ったまま片道6時間の有効活用を考える。

そんな時空港の本屋さんで目に留まった本。

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?



「はぁ〜?」 と思って手に取った瞬間
コピーライターにしてやられたなと思ったが、ちょっとなぞを解きたくて
購入し一気に読んでみた。

私の解釈だと
お金を大事にしている人というのは、お金がどのように扱われたら
嬉しいかを考えていて、そんな人の多くは折り曲がらない長財布を使っている。

お金の気持ちを考えている=お金持ちさんが多い。




また、税理士である著者の経験によって導き出された「年収200倍の法則」なる
ものが紹介されていて、これは意外と当たるそうな。

財布の購入価格×200=持ち主の年収

1万円の財布なら 年収200万円
2万円の財布なら 年収400万円
3万円の財布なら 年収600万円
5万円の財布なら 年収1000万円 

これと違っていてもこの公式の数字に次第に近付くそうな。おもしろい!


これ以外にははーんと思ったことがもう一つ。
お金を財布から出すときに3つのどれか、しっかり認識しなさいと。

@消費  主に生きるために必要なお金の使い方
 

A投資  払った金額に見合う価値のものがすぐに手に入るわけでは
      ないけれど将来何かしらの見返りがあるような使い方

B浪費  使ったら使いっぱなしで何も手に入らず、将来的な価値を
      生み出さないような使い方


今、お金だけでなく、それ以上に大切な時間について上記のどれなのか
瞬間瞬間、しっかりと認識する必要がありそうです。


若い今、どこに時間とエネルギーを注ぎこんでいくか、
しっかり意識して行動したいと思います。
posted by miya at 23:57| 熊本 ☁| Comment(0) | something new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: