2010年10月01日

振り返れば9月が過ぎ思う

野菜の日から 早一ヶ月。

このブログでの情報発信を、長い間サボってしまった。

今年の敬老の日は、全国のおじいさん、おばあさんの孫になったつもりで、
お祝いギフトとしてハート一杯の花をお届けした。

5,000件というこれまでの9月では考ええなかった
たくさんの注文を頂き、農場から咲きたてほやほやの状態で
ご自宅に直送させてもらった。


「花を通じて一人でも多くの方の笑顔に関わりたい」 

2700人の方に寄せて頂いたレビュー(感想)
http://review.rakuten.co.jp/shop/4/232442_232442/1.1/


直接、その日のストーリー、お客様の感想が伝わってくるのは
何よりの喜びと、励みになっている。


花を育てる意味、自分の花仕事の役割、こせがれとしての立場

最近 よく考える。


まだまだ青二才。

地元で、そしてネットを介して  B to C 


お客様と直接つながる


その期待値もハードルは高いけれど、
自分たちらしい花作りをして、生の声を聞き改善、改良を
重ねていければ、もっともっと面白い花作りが出来そうだと思う。


がんばりますけんね。

今日はこれから山農場にいってきます!

posted by miya at 07:28| 熊本 ☁| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
皆さんに喜ばれるランの贈り物  素敵ですね
 私は 素敵な息子や娘達から カードを沢山頂き元気に過ごせる毎日に感謝しております。
 貴方の花壇もこの冷たい夏も元気に頑張って花を咲かせておりますよ。
 
Posted by azisai at 2010年10月01日 11:36
待ってました!
久々の更新ですね。毎日覗きに来てたんですよ。(笑)敬老の日の5000件出荷はすごいですね。お疲れ様でした。

ところで欧米には敬老の日が無いと聞きます。何故ならお年寄りを尊ぶのは特別の日ではなく毎日しなくてはいけないこと と考えるからです。

日本では「もの日」中心にお花が売れていきますが、お花を贈る事が特別の日だけの行為ではなく毎日のように当たり前のことになったらいいな、 そんな文化が根ざしたらいいな と思います。

これからもホットなニュース期待してます。
Posted by 愛知のおじさん at 2010年10月01日 16:47
待ってました。
久々の更新ですね。実は毎日のように覗きに来てたんですよ。

敬老の日の5000はすごかたい。
お疲れ様でした。

欧米では敬老の日が無いと聞いたことがあります。何故ならお年寄りを敬するのは毎日すべきことで特別な日を設けてすることではないと考えているからです。

お花も日本では「もの日」しか動きませんね。特別な日ではなく日々の習慣として
お花が多くの日本人に愛され購買に繋がっていくそんな時代が早く来ないかな
と思っています。
Posted by 愛知のおじさん at 2010年10月01日 16:52
azisaiママさん>

もうシアトルも秋、きっと窓から見えるロッキー山脈も紅葉が始まったのでは? 
そう、懐かしく思う時期ですね。

帰国前に植えさせてもらった植物が今でも生きているって、感動です。

もうちょっと元気が大きくなったらシアトルツアー行きたいなぁ! 
でも九州にもいらっしゃってくださいね。
Posted by masahito at 2010年10月05日 08:03
素敵な熊本弁コメントありがとうございます!

そうなんです。敬老の日は欧米にはないんですね。

age's respect day

という表現があり、人生の先輩方に敬意を表するという訳になりますが、

特別じゃない日に、さりげないありがとう がいいですね。

実は私も祖母に何もプレゼントしていないんです。毎日が恩返しだからです。

今週から特にお世話になります!

Posted by masahito at 2010年10月05日 08:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: