2010年03月06日

国際ラン会議

今ほどジャパンに帰り着きました。

いつもながら、台湾の方々の親日感というものは素晴らしく
あたたかいもので、会う方会う方よい気分にさせて頂きます。

今回の国際商業ラン栽培者協会(ICOGO)のミーティングでは
CA360577.JPG
・急成長するブラジルでの洋ランマーケット
・植物検疫とCITESへの取組み
・自然環境へ配慮した新植え込み材
・苗供給地としての台湾の現状と展望
・世界の洋ランの市場規模の推移と見通し

などなど
CA360575001.JPG

難しいけれど、みんなで考えるからこそ意義のある議題について
それぞれ第一線で活躍される方々に発表頂き、改めて
広いビジョンを持ってラン作りを行っていく必要があるなと感じました。


またこうした海外の展示会などに出て行かれる元気なラン屋さんにも
いろいろあえて、よい刺激がもらえました。

特に先日全国洋ラン品評会で一等賞になった農大からの友人・
座間洋ランセンターの加藤君にはジャパンより外国で会うことの
ほうが多いのですが、あの頃から変わらずのラン馬鹿っぷりで
楽しくうれしく、安心しました。


こうして外に出ていろんな人に会い、花に出会い、学びや
情報が得られるのはなんと恵まれたことかと思います。


これをかならず会社、スタッフはもちろん、広い意味でも
花業界に恩返ししていけるよう、私がやらねば、そうこっそり思います。

再見

posted by miya at 00:52| 熊本 ☁| Comment(0) | something new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: