2009年05月24日

本気サッカー



中学生の頃 以来だろう。


本気サッカー しかも

試合に出た。
サッカー.JPG

仲間に 「人数が揃わないから 頼む!」と露骨に(笑) 
人数合わせのためにと懇願された。

人が困ったときには、一肌でも二肌でも脱ぎたいと思っているので

「おし よかばい」


ついつい快諾した。

「なんせ小学校のサッカー部時代、町のリフティングチャンピオンだったっダケン」

そんな武勇伝があるものの戦力としてはちっともあてにされてはいなかったが、
練習もしっかりやるから、ということで夜間練習を何度も行い
この日のために備えていた。


ひさしぶりに体力的な限界を知った。

15分 15分 のロング試合。

大人になって急にスポーツをするとよく怪我をする。
この意味が良く分かった。


自分の意識ではボウルに追いついている。
                    しかし実際にはボウルに追いつけていない。

自分の意識では相手を交わして抜き去っている。
                   しかし実際には自分の足が絡み合って自爆している。


ちゃきちゃきに動いていたあの頃と、今。
脳からの伝令に対応できない。


しかし、声は良く出せていたと思う。
「ナイスパース! ナイスキィーック! ナーイキャーッチ! ナイクリアー!」

ゼエ ゼエ ゼエ


声で仲間を守り立てる。
                        でも ゼエゼエゼエ

3試合中、思いがけぬ一勝が転がり込んできた。


この日のために、仲間のために、自分のために 一生懸命プレイした爽快感♪

試合後、審判や相手陣営に一礼したり、
選手同士「オツカレッシター」 声を掛け合ったり握手したり。


体は最強にへとへとになったが、いつにもなくホットな気持ちになれた。

スポーツの力再発見でとても有意義だった。


青あざ イテテテ・・








posted by miya at 23:58| 熊本 ☁| Comment(2) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の同級生も、そんなパターンで出たバレーの試合で、普通にレシーブしてやっちまった〜アキレス複雑腱断裂。。

やった物は仕方ないとしても、従業員10人の整備工場の主として一ヶ月入院、半年のリハビリは取り返しがつかないね。BIGになって帰ってこれるよう、ベッドの上で経営学でも勉強するでしょう。

何が言いたかったかというと「いつまでも若くない」から準備運動はしっかりね!
Posted by GEN at 2009年05月25日 10:47
GENさん<
いつもコメントありがとうございます!

いや本当、ここで怪我してしまったら最高に
かっこ悪い・・・ それに
とんでもない迷惑・・・

かなり覚悟して、ばっちり準備して望みました。

青あざはもちろん思い出になったけど、
すじ系、骨系をやらずに本当に良かった!

ピキーッン ってならないように気をつけます。
ダンクウェルです♪
Posted by 将人 at 2009年06月08日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: