2008年08月28日

食と農の体験塾

自分の名前、
        「将」
           の字を授けてくれたのは両親の無二の親友
宮田研三 和代さん。

小さいころから家族ぐるみでお付き合いさせてもらっている。


気がつけば前号の「ナイト動物園で再開セリ」の写真で、私の子供のころの
写真のそばで微笑んでるのが、和代おばちゃん(当時お姉さん)。

そうそう、大分までの三家族旅行のときに訪れた大分のサル山だ!


人間を育てる基本は食と
そう信じ、みかん農家を営みながら昔からの夢であった
「体験塾」で大人にも子供にも、その大切さを伝えておられる。

なんと手づくりの体験塾には年間1万人もの人が来園されるそうだ。

ある人が教えてくれた。

人を良くする = 食 

http://misumi.nomaki.jp/contents/aboutus.html


またある人が教えてくれた。
物事を決める上で大切なのは

損か得か? ではなく 良いことか悪いことか?

料金も安いし、得ではないけれどこの体験塾で手づくりピザを作り
バームクーヘンを焼き、ダンゴ汁を食べ、おじちゃんのほっくほっくの
食と農論を聞いてた人は、みんなとんでもなく元気になって帰る。

良い事この上なし と私は思う。

自分の使命。
世の中に対して自分がすべきこと。

こんな近くに尊敬できる大きな人がいること、うれしく思うし
この人からたくさんのことを学びたい。


posted by miya at 23:49| 熊本 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
尊敬出来る人が身近にいることは、
素晴らしく恵まれていると思います!

宮川さんも、そのうち、その教えを伝導する側になって、代々語り継がれて行くのでしょうね!

大切な事は
是非伝えていってくださいね!


Posted by REI at 2008年09月04日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック