2014年10月29日

東大現役合格→大学院→国家一種取得→農林水産省 


そんなキャリアだけ聞けば、エリート過ぎて
「血の通った人間かい?」「たぶんおちゃっかね!」
そんなイメージもあるかもしれません。



ただならぬ気配りと優しさ、そして仕事熱心な姿勢で
そんなイメージを一人で変えていった彼。



研修前にこっそり僕ら側の研修目標として
話していたことがあります。


・・・泣かせる。それくらいの濃密な時間を過ごしてもらおう。


1か月で、受け容れ農家としてそれが出来たら合格ばい。と。



結果、最後の朝礼での挨拶、家族、そして保育園でも
気持ちよいくらい男泣きをして、旅立ってくれました。


そんな彼のミニ研修報告書が、
農水省のフェイスブックページにアップされていました。

農業経営と地域の密着。


この点を感じてくれたのがとても嬉しかったです。



彼の研修に際し、花だけではもったいないと、
訪問させていただいたセブンフーズ 前田社長、
福田農場 福田ブラザーズ、そして農業の先輩方
友人たち、ありがとうございました。


この経験を自分の人生、そしていつか日本の農業に
少しでも生かしてくれることを心から願っています。


=======================

10313677_718632411555388_7346438423955976641_n.jpg



【若手職員の農村派遣レポート〜熊本県宇城市】
 農林水産省では、入省2年目の若手職員が農家さんのお宅に1か月間泊まり込み、農作業を行う独自の研修制度があります。本日は、先月、熊本県宇城市三角町戸馳(とばせ)に研修に行ったKさんの研修レポートを紹介します。
______________________
 皆さん、こんにちは。農林水産技術会議事務局のKと申します。
私は、熊本県宇城市にある有限会社宮川洋蘭で研修をさせていただきました。

 宮川洋蘭では30人の従業員で洋ランの生産、販売を行っています。贈答用の高級なイメージがある洋ランですが、自宅で楽しんでもらいたい、との思いから、胡蝶蘭だけでなくデンファレ、カトレアなど多様な品種を取り扱い、家庭用の栽培セットなどをインターネットで販売している会社です。
 また、6次産業化にも取り組み、ボトルフラワーの生産・販売も行っています。ボトルフラワーとは、特殊な方法で乾燥させた花をガラス容器の中にアレンジし、密閉したものです。少しずつ売上を伸ばしており、今後、町の特産品にし、ひいては輸出することも目指し、取組を強化していくそうです。

 宮川洋蘭では様々な取組を展開していますが、その背景には「変化するものこそが生き残る」という理念があります。収穫が一定の時期に限られる、収穫物が実るまでに数年を要するものもある、などの条件を抱える農業では、時代の変化に適応することは簡単ではありません。しかし、難しい条件を抱えているからこそ、変化を見極め、適切に対処することは重要なことだと感じました。

 農業を経営するとはどんなことなのか?それを体感したいと目的を定め、研修に臨みました。雇用と特産品を創出することで地域へ貢献しようとする宮川洋蘭の経営に触れ、農業経営と地域が切っても切り離せない関係にあることを強く実感しました。明確なビジョンと夢を持ち経営されている宮川洋蘭での経験は、国家公務員として、現場で試行錯誤しながら努力を続ける方々とともに、農業や地方の活性化に取り組んでいきたいとの思いを強くさせました。

 戸馳は、観光地として有名な天草から程近くにある島です。17の洋ラン農家があり、花であふれるこの島に、一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。


posted by miya at 00:00| 熊本 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

【私の感染症体験記】


昨晩のニュースで西アフリカから帰国した男性が発熱で、
都内の病院でエボラ出血熱の疑いがあり現在・・・・

たったいまニュースで、感染はなかっとのと診断結果。
よかった。ほんとうによかった。


自慢にはなりませんが、私も18歳の頃インド旅で
「赤痢」という感染症をめいっぱい体験をしたことがあるので、
その方と周囲の方の心労が痛いほどわかります。



ちょうど5年前、自分のブログでその経験を生々しく
書いていたのを思い出しました。

アッハッハ こちらです。
http://miya3.seesaa.net/article/119581753.html


あの後いろんな人にあったけれど



@パスポートをとられちゃった


A赤痢になっちゃった



というわんぱくな人には未だに遭遇したことありません(自慢 笑)




あれらの経験は、いま振り返ってみても、
自分の人生において間違いなく第一の
「ターニングポイント」だったと思っています。


まま、そんな偉そうなことをいっても
周囲のみんな、ごめんよ。心配かけました。 健康第一やね。




よし、今日も張り切っていきましょう!

ワクワク。
posted by miya at 00:00| 熊本 ☔| Comment(0) | about me | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

【小山薫堂さん】


いつかやりたい、余裕ができたら、、、
と思っているといつまでもできない。


地域活動もそうだと思う。



30代になってはじめた生まれ故郷の戸馳島、そして三角町での地域活動。



先日幸運なことに、県と市の取り計らいで、熊本の天草出身のでくまモンの生みの親

としても知られる小山薫堂さんにお会いする機会をいただきました。


10559685_711566572255135_1058021017324373720_n.jpg


今年、「人生のハーフタイム」なるものを取られ世界中を歩かれて

いたのは、情熱大陸でも知られる通り。



いま、100年ぶりの大チャンスを迎えるこの三角に、惜しむことなく

様々なアイデアと気付きを与えて下さいました。




悔しいけれど地元の僕らがいっさい考えたこともなかったような事を、新しい角度からズバズバ。

優しい眼差しから出る、とんがったアイデア。本気でシビれました。


そして絶対、活かします!

超のつく有名人で一流の人に直に接し感じたのは、



「実るほど頭を垂れる稲穂かな」


10659430_711566285588497_2775173817855209910_n.jpg


こんな素敵な大人になりたいな、と心底思いました。


素晴らしい機会に、大感謝です。

− 場所: 熊本県庁
posted by miya at 00:00| 熊本 ☔| Comment(0) | 地域活性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

【7回目の結婚記念日】


自然いっぱいの阿蘇で大切な人たちに囲まれて、

結婚式を挙げさせてもらったのがちょうど7年前。

10645177_709379925807133_8808130993498587767_n.jpg



人間でいえば小学一年生。



あの時、両親に渡した小さなオリーブの木は大きく大きく育ち、

今年かわいい実を付けてくれました。


10711045_709378852473907_7144998122998715587_n.jpg

もちろん、人生というものはドラマチック。

2年前、自分の体が本気でヤバい、そんな時もありました。



でも、どんなときも近くにいてくれるのは家族です。



本気のピンチを知ったからこそ、
今一つ一つに有り難さを感じれる。



幸せな事だと思います。



「平和」の意味を持つオリーブちゃんを目標に、島からびゃんびゃん

ハッピーを拡散してまいりますバイ!



みなさんこれからもよろしくお願いしMAX!

1932425_709378825807243_1734349164183868144_n.jpg

posted by miya at 00:00| 熊本 ☔| Comment(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

【10月10日 あれから5年】 【10月10日 あれから5年】


5年前、ちょうどあの日は、山下げ作業の日で

慣れない4tトラックで山農場まで往復した日だったなぁ。




そんな夜、嫁さんから「予定よりはやけどもう生まれちゃうかも」

と電話をもらったのが21時。


その日はタイミングよく、車のガソリンが全然入っていなくって、

家族みんなでご近所さんを探しまわったなぁ


なんとか走り出し鹿児島まで急ぐけれども、昼間の疲れで

意識が飛びそうになって、15分だけ仮眠したんだったなぁ


到着を目前にお義兄さんから「生まれたよ!!」の一報

後10分で到着だったんだ。惜  

君の誕生に立ち会うどころか、オイセっと引っ張ってやる

くらいの意気込みだったんだけど、、笑


でも無理してあのまま運転してたら、息子ちゃんに会う前に

父ちゃん天国に行ってただろうとおもうから、許しておくれ。


生まれてきた君の顔をみて、自分はもちろん、

周りの人をいつでも元気にできるような人になってほしい、


そんな気持ちを込めて君の名前を決めました。

10665190_704006663011126_6975318167696069664_n.jpg

1173726_704007083011084_6604690941698882487_n.jpg


10570427_704006893011103_1996958490127669009_n.jpg

10407473_704008193010973_8063466772568877930_n.jpg

10522110_704010533010739_6909584526893727757_o.jpg

あれから今日で5年。




君はお兄ちゃんになり、みんなと仲良く、そして

期待以上の元気さでいてくれる事を

家族みんな心から嬉しく思います。

1601395_704011789677280_1630564967237354257_n.jpg

10442506_704011149677344_8987967308764815829_n.jpg
今日は、帰省先の鹿児島でみんなに

しっかり祝ってもらって下さい。


父ちゃんは一人、こうして君へ、そして僕らをこうして

見守ってくれる大切な人へとメッセージを書きました。


おめでとう。おめでとう。ありがとう。
1925348_704012233010569_5370280363777891902_n.jpg
− 森 水木さんと一緒です。
posted by miya at 00:00| 熊本 ☔| Comment(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

【蘭を見ながら思う】

おはようございます!


宮川洋蘭の経営理念にひとつ、

     「変化する事を恐れない」とあります。



1800年代を生きたダーウィン先輩の一言



「最も強いものが生き残るのではなく、
         最も賢いものが生き延びるわけでもない」       


 「唯一、生き残れるのは
            変化できるものだけである」




こんな私にだって、ひそかに(笑)悩める時もあります。



そんな時はカリフォルニアの大ボス アンディ松井社長に
話を聞いてもらい、バシっと明快なアドバイスをもらえる

本当に有り難いです。


10606453_703126169765842_1753125492838556851_n.jpg

80歳を迎えた大将は、さらに「あーしたい、こうしたい!」が
膨らんで益々若返っておられます。



経営にとっても人間にとっても 変化=チャレンジ
と言い代える事も出来ると思います。




そうそう、壁というのはそれを越える事の人の前にしか現れないんだって。

おっし、越えんば!  変化を楽しみます! 



「越えてしまえば あとはネタ。」 将人詠  



今日も最高の一日にしましょう!


10689998_703126889765770_1561117996466401197_n.jpg

− 場所: 森水木のラン屋さん
posted by miya at 00:00| 熊本 ☔| Comment(0) | something new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。