2014年08月24日

【ランに生涯を捧げた唐沢耕司先生】

心底、興奮しました。しびれました。



大阪の園芸同友会主催の勉強会に、参加させて頂きました。

ランの仕事をはじめてちょうど10年。


これまで図鑑の著書でしか知らなかった
ラン研究の一人者 唐澤先生の講演が聞けるとあり、
もうこんなチャンスはないと飛んでいきました。



1時間の講演予定が終わってみれば2時間超。さすが!
でも一言も逃すまいと、最高の集中力で拝聴しました。

昭和5年生まれの先生がランに出会ったのは
戦後、焼け野原の東京で。

「それは信じられないほど、美しく感動した。
 
 そしてこれをイギリス等の貴族だけではなく
 日本で誰もが楽しめるようにしたい、と思った」



当時カトレア一株と、家一軒の交換が実際に
行われたというほど、希少な植物だった。



自分は本を書くという役割を頂いたお陰で、
学者としてランの研究に没頭するようになり、
自分の目で世界の原生地を訪ねるようになった。



ほどなく写真がモノクロからカラーとなって
多くの人に野生に咲く、蘭の美しさを紹介できるようになった。



8千万年前、植物としてもっとも遅く地球上に誕生したラン。
すでに地上には多くの動植物がいて、そのことから競合のない
木に着生して生きるという道を選び、今では植物の中で
大きく進化し、もっとも大きなコミュニティとなった。


10563210_677066652371794_2061172377621325681_n.jpg


ラン科植物とは虫媒花で、雄しべと雌しべが合体しており
花が左右対称で芯弁を持つ。自然界ではラン菌との共生に
よって発芽し、北緯70度まで広く分布する。


そこから始まったの世界の野生ランの写真とそれを現地で
撮影された先生の解説は、私にとってまさしく
「世界一受けたい授業級」の内容でした。



こんな言葉が続きました。

「この花をみたいと、コロンビアで片道5日間、
11日かけて悪路を旅して遂に見つけました!」



「このランは日本であまり作られていませんが
 もっと広がってよいと私は思うのです」



「絶壁に生息するこの花の写真は、まさに
 命がけで撮りました」



「虫をこうして誘き寄せ、高い確率で受粉させるよう
 器官がこうして進化したのです」



「ダーウィンが予言した虫を撮影したく、その花を
 どうしても見たくマダガスカルで遂に出会えました」



「現地の友人から送られてきたこの写真を見て衝撃をうけました。
 すぐに飛んで見に行ったのですが、あの野に咲く赤花は忘れられません」



「私が野生でであったあのエピデンドラムが、ほら今年の
 東京ドーム蘭展で大賞でした。僕はベンツもらえなかったなぁ」



世界おそらく50カ国以上、ランを求めて歩かれたとおもいます。


秘蔵コレクションを惜しげもなく、生きた声と共に
見せていただき本当に本当に感激しました!



昨年のトルコ旅から有言実行化するために口にしてきた

「世界のランと人 巡る旅」 byサイバー農家バージョン
 
これからの私のライフワークになりそうです。本気です!



矢祭園芸の金澤君の講演にもしっかり元気をもらいました。
こんな機会を用意くれた、花を純粋に楽しまれる園芸同友会の
メンバーさん、そして会長のMr横山に大感謝です。



石田君 明け方まで先輩を引き止めてくれてありがとう。爆

そして自分が毎日接しているランが
もっともっと好きになりました。



心いっぱい島に帰ります。ありがとうございました。

石田 隆博さん、他2人大阪国際会議場 グランキューブ大阪にいます。


posted by miya at 00:00| 熊本 🌁| Comment(0) | something new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

【空撮の術 ドローンで農場の天空から】

【注】ほしくなりそうな人は見ない事!笑


サイバー農家を震え上がらせ、生唾が出るほど魅力的な
大人のオモチャを持ってきたのは、、、

10447536_671900632888396_1732804709368257748_n.jpg

おなちゅーにして、高級マリーナのマネージャー、
なにより遊び心を忘れない男 Inaba Tatsuya

これにはやられました。完全に。



祖父からはじめた40年の花農家。


ハウスもたくさんになったけど上空160m 

この視点 タカの目はもちろんお初だなぁ



蟻の目:現場の細部のことがよく見える

魚の目:流れが読めて自分の動きが考えられる



鷹の目:広い視野を持ち、全体から眺められる





10年前にタイでレーシックしましたが、
そんな三つの目をもつおそろしか男になりたいです。

おっと、タッチャンタカのメサービス(TTA)
空撮希望はお繋ぎしますのでご遠慮なく。

えっTTA  勝手に名前付けるな? 


10398686_671900599555066_9031253061196489620_n.jpg



名前も募集中です。

そんな感動の初空撮でした。




このオモチャ 何がすごいかって



・静止画はもち、動画でも全然ブレなーい!
・GPS使ってるから手放し運転もできーる!
・遠くは1km 高さ200mまで飛んでいってまーう!
・なにより空飛ぶUFOを見てるみんなが笑顔になーる!



とってもとっても欲しくなりましたが、
持つべきものはやっぱり友! 笑


この空撮でどんな世界が広がるんだろう、
どんなことに役立てられるんだろう。



10603231_671899036221889_1651275944342418686_n.jpg



ラジコンヘリが本を運ぶ時代になるとか言ってたけど、

かねてから運転から開放されたい自分(笑)が
心待ちにする全自動運転車、そしてさらに
スターウォーズばりの3D交通網の時代が
やってくるのはそう、遠くないなぁ。


意味不明の空飛ぶ物体を見ながら
小さな島でそんなことを思っていました。



稲葉 達也さんと森水木のラン屋さんにいます。
posted by miya at 00:00| 熊本 🌁| Comment(0) | something new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

【オランダ日和】

もしかするともしかすると、、、来年6月にも
九州近代化産業遺産郡の一つとしてユネスコの世界遺産に
認定されるかも?しれない 地元三角西港。


10410328_670561293022330_1275304778814121026_n.jpg


明治時代、オランダ人のムルドルさんが設計した
石積みの埠頭は当時をそのまま残した味わい深い場所です。



そろそろ「横浜、門司、三角西港」といわれる激アツスポットに
なんじゃないかなぁ、と勝手に思い込んでいるほど海が香る素敵な場所です。



まぁ 
独身の頃の私に連れられて、西港内にある海辺の
オランダカフェに行ったという人も少なくはないかもしれません。笑



まぁ 
鹿児島出身の嫁さんとここであったのだから、私たちにとっても
ゆかりの地であり、恩返しをせねばと思う場所でもあります。




そんなこんなで地域活動をしているうちに、気がつけば
日本に三箇所しかないという、日蘭協会の事務局長に
なっておりまして・・・汗



今回は初のイベントとして
「オランダ王国パネル展」を企画しました。

それにはなんと、オランダの総領事も出席いただけることに!


1899921_670561403022319_2800073414799411550_n.jpg

昨年はじめてお会いしたときは、人材不足のため自分が
通訳をすることになになり、胃がとても痛かったのですが、

なんとなんと奇跡は、オランダの山本さんからの電話でした。



12年ぶりに、しかもはじめて日本でお会いする日が
このパネル展の日だったのです。運命をズキューンと感じました!



目上の人ばかりでしたが、臆せずに
「オランダを日本では蘭と書き表します。
 私は農家ですが蘭屋です。運命的なものを感じます」



少しでも興味を持ってもらえればとオランダのクイズを作り、
景品に蘭を差し上げ、ちょっと強引につなげました。笑


10620603_670559809689145_4298094997466195369_n.jpg

歴史的な倉庫を改造したレストランでの式典では
総領事、市長、各国の友好団体など来賓の方、さらに
地元からの参加者の会話も笑顔も多く見られました。


10409397_670561136355679_3247122728913695749_n.jpg

あやうく、お盆前に花の出荷と本会の準備がかぶり
てんてこ舞いだったことを忘れそうになりました。



そのあとでのちょっとほっとしたあとが前回の
ミセスヤマモトwith宮川ファミリー@熊本城 だったのです。


10552541_670561346355658_5845260393946856532_n.jpg

パネル展は17日まで開催中ですので、天草行き57号線が
渋滞で疲れたら(笑)是非立ち寄ってくださいね。



本邦初公開のオランダ政府の公式パネルです!

海の見えるカフェにも寄ってくださいね。


テラス席から運がよかったらスナメリちゃんが見えるかも。



「頼まれ事は試され事」



返事は0.2秒   答えは  YES  か ハイ

押忍! 2014盛夏でした。

− 場所: 三角西港
posted by miya at 00:00| 熊本 🌁| Comment(0) | 地域活性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

【ミセスヤマモトの来熊】


はい、世界に学ぶ花仕事のあなたならきっとご存知かも。


オランダ園芸の道先案内人(プロ通訳)として、有名な
Sugako Yamamoto さんが

「久しぶりにあってみたいわ 宮川さん」

そうって、遠く熊本までお越しくださいました!



10479704_668138719931254_8993066616014202578_n.jpg



2002年間、10年に一度の花の祭典フロリアードスタッフとして
オランダですごした3ヶ月。


日本政府出展の公式通訳さんとしながらも、私達の母のように
存在で、いろいろと面倒を見て下さった方です。




これまでの通訳人生の中で、現地を案内された方には
園芸関係はもちろん、本で読んだ事しかない財界の著名人たちも。



そんな中、「実るほどに頭をたれる稲穂」のように
研究熱心で、謙虚で、とても素晴らしい方です。




8月中はジャパンに滞在されておりますので次はあなたの町かも?笑

私の人生にとって、人のつながりは大きな大きな宝です!


10590529_668138676597925_4791004778561979350_n.jpg

森 水木さんと一緒です。
posted by miya at 00:00| 熊本 🌁| Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

【島の早朝野外学習】


30年前、ジーちゃんに連れて来てもらっていた
カブトムシの秘密の森へ。


2人に負けないくらいのかわいいカブトムシが待っててくれました。


10338226_666297123448747_7287992633372588579_n.jpg


虫取りも、森の匂いも、かの痒さも全部経験。



10384274_666297016782091_6645098620071105334_n.jpg

今度は伝える番だなぁ〜


10583858_666296913448768_8066376427513629081_n.jpg


10561585_666296993448760_8649837194503906172_n.jpg

− 場所: 森水木のラン屋さん

posted by miya at 00:00| 熊本 🌁| Comment(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。