2014年01月27日

【Think Global! Act Locally!】


お正月明け、マンゴが届いた。
食べてみてさらにひっくり返った。
くぅー うまい。


さて、完全に夏が旬のMango 一体どこからやってきたんだ?
1551742_568311966580597_138777770_n.jpg
農家仲間にも質問を投げかけてみた。
しかし、、ハウス栽培? タイ、台湾? もしやメキシコ? 
どれも正解はでない。 


昨年、視察に来島された方がお土産にと差し上げた
ボトルフラワーのお返しにと、遠くから贈って下さった。

それがオーストラリアからだと聞くと、意表を
つかれすぎてびびる。
46870_568312106580583_1585713610_n.jpg

たしかに、今が旬の洋ランシンビの切花が、真夏に輸入されたり
南半球は季節が逆だと言う事は、皆が知っている事
だけれど、目の前にある(舌の上にのっている)
あり得ない季節にしっかりうまいマンゴー。
これは衝撃だった。


そんなとき、一年前にお会いした香港の田中さんの
メルマガにこんな言葉が取り上げられていた。

Think Global! Act Locally!

ガッテンガッテン!腹に落ちた。

業界の常識は世間の非常識。誰かが言うようにそうかもしれない。


広い世界の視点を持ちながら、小さい島の事が
考えられるような素敵な大人を目指し精進して参ります。

ハイ  


posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | something new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

【数字管理と片付けについて】


今年の目標で掲げた
数字さんとフレンドリーになる。

「左手のそろばん!」を忘れないように
今週は日夜、エクセレントなEXCELに
首をひねりひねり、仲良くなる努力をしています。


いつも感覚&運勝負で生きてきただけに
数字と言うのは、真実だけをぶつけてくる
兵のように感じます。


でも自ら掲げた目標を達成したときは、
代えがたい物があります。共有しやすいのもよいです。



もう1つ、整理整頓にも今年は取り組みます。

どうしようもなかった机周りも
弊社のお掃除大臣(AB型)のアドバイスを受けながら
整頓してみると、自分史上最高に片付いたままです。


気分を良くして片付けた自宅のプチ書斎は、
無駄なものがなくなり、逆に寂しく感じています。笑

社内ではそろそろツララでも降ってくるのでは?
と言われてしまうほどです。爆


手狭になってきたかな、と感じていた事務所も
AB型チームを中心に見る見る様変わりしました。

みんなが片付けをして、より良い環境にしていこう
というのは当たり前のことですが、とてもよいな、
と実感しています。



2月は東京ドームの世界蘭展に初出展する事があったり
東北に行く事にもなったので、例年になくワクワク
忙しくなりそうです。


今一番寒い季節です。
日曜日はハウスを出て、一番寒い場所にいって
家族で「真冬」を感じてきたいと思います。


運転だけでなく、県内ですら地理にも疎いので
熊本周辺のマジサムステキスポットやホットな宿が
あれば是非教えてくださいまし。


そろばん&片付け大臣 研修生でした。

posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | something new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

【島を元気に! と紹介されちょっとうれしいの巻】 


新春の読売新聞で、当園で鋭意製作中!の
「森水木のグラスブーケ」が紹介されました。

「ボトルフラワー 島を元気に!」  キャッチのこの一言に尽きます。


農業の6次産業化(1次産業+2次産業+3次サービス業)の
花き事業の一例目として、これを事業化し、結果を出さなければ、
というプレッシャーは今もあります。

でもそもそも、自らが洋ランを生産しながらもなぜ永遠花を作るのか?


実は、生花の加工について超偏見を持っていました。

ただ、紹介されているように始めてみた瞬間、それが生花そのままで
とてもきれいで自身が感動したことと
必要とされるお客様がいらっしゃることを、生の声として多く聞いたからです。


花が育てにくい暗所や、清潔さが求められる場所、
管理が難しいご高齢の方等、ノーメンテできっとどこかで
お役に立てると思い、まだ採算のさのじも取れていませんが
製作を続けています。
http://item.rakuten.co.jp/morimizuki/glasssq/


現在は数人の美人スタッフ(笑)が、子育てに負けないくらい
がんばって製作しています。新春の目標の半分、ここを50人、
やりがいと喜びを持って働ける職場にしたいです。


はい、、、
ビッグマウスなのは分かっています。

でもこういう大風呂敷を広げまくりながら、理想と現実の
隙間を埋めていくのが私の仕事だと思っておりますので、お許しを。

今年も変わらず、よろしくお願いします!!笑
森 水木さんと一緒です。

1492190_561608760584251_1064719776_o.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | flower | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

【その道を極めんとする仲間】


三角中の同級生で、ダイビングの先生でもある
中野 誠志 がNHKの同行のもと、天草の海で
撮影した摩訶不思議な海の中の生き物の、蛍光発光について、

明日11日の午前7時〜7時半の『おはよう日本』で
放送されることになったそうです。悔しいなぁー 爆

明朝、ご覧になった際、もしチラッと本人が映って
しまう事があったら、くふふと笑って下さい。


彼の特技は水中撮影なのですが、陸上でもスゴいんです!

先日2日の同窓会写真もプロの手にかかれば
よりヨカ男ヨカ女になっとですたい!!

記念写真代、予算なくてソーリー 笑
*本人は私の隣の白シャツ男。(超独身!)

では明日の反省会にて再見!

1011012_560345967377197_1542108675_n.jpg

posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

【樋口春三先生の旅立ちに想う】


先生ありがとうございました。

こんなにも多くの人に見送られるお通夜式に
参列するのは、はじめてでした。

そして花き研究室卒業後、毎年OB会やセミナーも
ありますが、これだけのOBが集まるのもはじめてでした。


1月4日、友人から譲り受けた奇跡のチケットを
握りしめての上京は、最短滞在ながも大泣き、
そして友人との大笑いの最高に濃縮された時間でした。


お通夜後、同窓生ですぐ隣の飲食店の小部屋で一人一人
先生に聞こえるように、エピソードや思い出を声に出して言いました。

「実るほど、頭を垂れる稲穂」とは先生のような人の事だね、
ゼミ室でのお茶会(通称お酒会)毎週楽しかったね、
僕らの意見をいつも尊重し、耳を傾けて下さったね、
人の悪口や、自分の自慢話って一回もきいた事ないね、
先生のお陰で、、そんな教え子は数えきれないよね、

とりわけ私はやはり滝涙でまともに言えませんでしたが、
最後に「先生ありがとううございました」大声で一礼。

1532119_559948264083634_1370849275_n.jpg

悲しさから感謝に感情が変わる瞬間でした。

先生、ありがとうございました。
先生のあたたかいご指導、お人柄、言葉、一生忘れません。
FB看板の先生の大根踊りを見るたびに胸が熱くなります。


また伊勢原のご自宅に会いにいきますね。
私たちが育てた花も見て頂けるように、毎年お正月に
自慢の蘭を届けます。先生のコメントいっぱいの
直筆葉書が届かなくなるのは残念だけれど。


天国では大好きな日本酒もいよいよ解禁です。


先生のような人間力に満ちた男になりたいです。
今後もずっと見守っていて下さい。
これからもよろしくおねがいします!

5630_559837820761345_1247753017_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

【財を遺すは下、事業を遺すは中、人を遺すは上なり】


恩師 樋口春三先生が天国へ旅立たれました。
2014年1月1日 忘れられない日になりました。

1554590_556668064411654_1357167492_n.jpg

先日投稿したように、1ヶ月前自宅を訪ねたばかりでした。
毎年、春にお邪魔していますが友人が「先生のご容体が。。」と
連絡をしてくれたので、駆けつけたのでした。

みんなが心配しないようにご様態については、ふれませでしたが
お邪魔した直後には入院され、そして、、はやい旅立ちでした。


元旦からみんなで手分けして連絡を入れていきました。
連絡網などなかったのですが学年を超え、かなり広く行き
渡ったと思います。


涙声で先生を懐かしむ話をしていると
「あの先生に出会っていなかったら、今の自分はいない」

「樋口先生という素晴らしい先生に会えただけでも
   農大に行かせてもらったこと、両親に感謝しているわ」

そんな声をたくさん聞きました。
誰からも尊敬される先生でした。心が美しい人でした。


世界で一番の品質と称される日本の花き園芸が
もっとも成長した時期に、最も貢献された先生です。

先生が蒔かれた種は今、全国で芽を出し花を咲かせ始めています。


「財を遺すは下、事業を遺すは中、人を遺すは上なり
されど、財なさずんば事業保ち難く、事業なくんば人育ち難し」


これを背中で教えて下さったのが先生です。


1月4日の18時からのお通夜式、なんとしても行きたい。
教え子に囲まれて旅立つ先生にもう一度だけ会いたい。

ただ、無情な事に帰省のピークで今は東京へ行くための
懸命に探していますが、有効な手段が見つかりません。

明日の午後以降は出発できる構えです。
知恵・力を貸してもらえると本当に有り難いです。


[花き研のみんなへ]
花を教えて下さった先生を、花いっぱいでお送りしましょう。
4日の16時〜18時持ち込みも、宅配届けも可能です。
花色などは問いません。心のこもった花で。

会場:海老名セレモニーホール

お通夜後には駅周辺でご飯を食べながら先生の思い出話をしましょう。


posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | about me | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Happy My Year 2014 トシオトコ 】


12歳の卒業文集で
「世界一の花屋になること、子供に喜ばれる仕事をする事」

24歳 欧米の花修行から帰り
「自宅で楽しめるミニ蘭の魅力を日本で広めていきたい」

そして今年

36歳 3度目の年男
「100人が働ける会社に成長させていく事」


を目標に掲げさせて頂きたいと思います。 
正月ぐらい大風呂敷を広げなくては、と思います。


でも12歳の頃の夢も、24歳の頃の志も
そして36歳も大目標も冗談ではありません。yes本気です。

大晦日、一日中机に座りこれから5年間の
プランをマインドマップで書き出しました。
楽しい見通しも、難しそうなプロジェクトも、わんさかです。


宮川洋蘭が100人農家になるための
絶対不可欠な条件:それは自分の成長に他なりません。

私は長所伸展法を多いに推進するイケイケのo型ですが、
今年これだけはいつも心に留めておかねばと思います。


【 右手にロマン、左手にソロバン 】


今年は変わる大チャンスです!
小学生の頃から算数が苦手ですが、今年は数字君と
仲良くなれるように、コミュニケーションを深めていきます。


都会の人からすると、地元愛や地域活性化なんて
あまり理解できないという方もいらっしゃるかもしれません。

戸馳島のこの建物からみる日の出は、明日で見納めです。
思い出の詰まったこの場所に家族と噛み締めながら見てきました。


自分だけよければ、、、では田舎は絶対元気になりません。

島を元気にするために100人 そして花仲間と
切磋琢磨しここを「夢の花 咲く島」にしていきます。

改めまして、あけましておめでとうございMAX!


今年はトシオトコ、超あたり年になりそうです!
これまでと変わらぬご声援、よろしくお願い申し上げます!

1555456_556127277799066_2052342135_n.jpg

posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | something new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。