2013年11月29日

【花を活ける楽しさを教えてくれた先生】

台湾から熊本への帰り道(笑)、農大に呼び出されまた東京に来ました。

小田急線、急行も止まるようになった懐かしの経堂駅で降り、
農大通りに入る前に戸石先生の自宅を訪ねました。


1999年、花屋さんでアルバイトさせてもらい
(下北沢のユー花園さん)、花き研究室で最高の花仲間に
囲まれて、花への興味が日に日に深まる中、


いけばなを習いたい、でもお金がない
(花屋さんでのバイト代は全て旅に使ってしまっていて^^;)

カルチャースクールで出会ったそんな私を自宅に呼び、ボランティア同然で2年間、
個別レッスンをして下さった草月流の素敵な、先生です。


「花のいけ方って基本はあるけれど、

        大切なのはあなたの個性と感性よ 楽しんで♪」


今朝は紅茶一杯の時間でしたが、70歳になられてもますます
キラキラ輝く先生に再会出来て、あの頃の純粋な花への
気持ちがよみがえってきました。


学生時代から本当に素晴らしい方に可愛がってきて
頂いたのだと再認識しました。


先生、また自信作を贈りますね。
謝謝!

1441331_540782082666919_909968370_n.jpg


posted by miya at 19:17| 熊本 ☀| Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

【花を求めて三千里】 【花を求めて三千里】

一年ぶりに島仲間の台湾に来ました。

50時間の短い滞在なので早朝から夜まで、8年の付き合いになる
パートナーの蘇さん夫婦と共に、南北を駆け回っています。


台湾最南端まで日帰りした今日は、9時間車で移動してます。
こんな時こそ日本代表として運転技術の見せ所なのですが、
フェイスブックを見られているせいか、出番はないみたいです。


日が落ち暗くなっても、僕らのラン談義は尽きません。

1458628_539994819412312_1332093843_n.jpg

協力者あっての花仕事、中華テーブルに和になって
台湾料理屋でハオチーハオチー。


仕事を仕事と思わないで、ワクワクドキドキで
花にも人にも出会えるなんて、幸せだなぁ~
シェシェ 再見!

1469827_539994502745677_1114466907_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☀| Comment(0) | flower | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

【雲の上の存在 青木良平先輩】


今日はこっそり東京に向かっています。
いつも田舎でのんびり暮らしているせいか、機内の限られた空間と時間は
考える仕事がMAXに進む大好きな時間です。

まぁ、そんなしこったことを言いながらも、最終搭乗者として
ギリギリセーフで乗り込んだ前方の残り席。

1462951_537156866362774_1400006350_n.jpg

ちらっとスクリーンの花に目が止まりました。
フラワーデザイナーのニコライバーグマンさんの特集でした。
花、さらに人物で人を虜にする様子をドキドキ見ていると、、、


彼がお気に入りの場所に、、という下りから見たことのある農場が!
それは千葉で高級花材 秋色アジサイを生産している千葉の青木園芸でした。

who is 青木良平
大丸1︎学生時代 花き学研究室の先輩であり、結婚式でアジサイと
大根踊り(しかもエール)で祝ってくれた最高の友です。
大丸1︎同研究室卒の奥様ともちゃんもこれまた久しぶりに最高に素敵です。
大丸1︎農場では愛犬モカに歓迎され内ももを噛みつかれた程です。笑)


アジサイだらけのハウスを楽しそうに歩くバークマンさんにフリーでいいから
ここで働きたい、と言わせる花仕事っぷりに私も惚れそうになりました。

1479547_537156813029446_1449248921_n.jpg


羽田ですぐに電話すると、変わらず、悔しいくらいのさわやかで何より謙虚マン。

みんなが青木さん、そして花のファンになって行く様子は、
ニコライさんにも負けないワールドクラスです。


先輩、大きな背中を空の上でありがとうございました。


手持ちがない時には、先輩の秘密話しを引き換えに花業界のみなさんに
おごれらたいと思います。 笑

また2月に!
青木 良平さんと一緒です。
posted by miya at 00:00| 熊本 ☀| Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

【島の再生は花の学校から】


今日は朝から超ホットな新聞が届きました。

本日、11/14熊日新聞(熊本No1誌)のど真ん中に3面に、
蘭にも負けじと爽やかな洋蘭ボーイ(五蘭塾の役員4人)の姿が!!

ホーム紙だけに過分な紹介がされておりますが、笑ってもよいので
怒らずに(笑)優しく見守って下さい。
1453474_545614758866289_1505668356_n.jpg

正直な話、生産者だけに目立つ大きく紹介されています。
が、、、紙面上に見えない多くの方からフラワーパーク「花の学校」の
再生リニューアルのために、とんでもなく力を貸して頂いております。

庭師山口さん、設計士里山さん、
造園家坂本bros、陶芸家ケンタロウさん、
一緒にディスプレイを作ったり、テーブルを作ったり
原生の森を作り蘭を植えたり、石を積んだり、最高でした。

ご来島の上、壁面緑化の資材をご提供頂いた伊藤商事 伊藤社長、
井上さん、空閑さん、続さん、心からお礼申し上げます。

みなさんのお陰で最初の一歩がスタートできます。


これからこの新聞を見て、心弾ませて来園されるお客様の
期待を超えられるように、花も、講座も、体験も全力でいきます!


ワクワク 感謝!


posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

【最高の国際交流日和】 【最高の国際交流日和】 【最高の国際交流日和】


2013年は例年になくいろんな国の方とのご縁に
恵まれています。本当にラッキーです。

今日は2年前のJCで担当させてもらった国際料理教室に
はじまり、今年はトルコの留学生とのご縁を繋いで下さった
国際交流センターの下田さんが来島されました。


さらにワクワクする事に
インドネシアの大学農学教授のハリーさんと
ドイツからの農業研修生ベロニカさん、
元商社の国際ボランティア初田さん、さらに
国際線のCAだった奥さんもご一緒に。

1391790_533227840089010_761897461_n.jpg

もちろんウガンダ出身のホープ、ジャスティンも一緒です。


同じ農業(アグリカルチャー)も大陸が違えば
環境も考え方も実に多様で面白いです。
お互いの意見に興味しんしん丸です。
どんな事言っても世界的に日本も日本農業も恵まれています。

そんなディスカッションを、食と農の体験塾で
手作りピザをほおばりながら出来る僕らはやっぱり幸せです。


いつかこんな素敵なご縁を人や地域のために活かして
恩返ししていけるようになれば最高ー!だと思います。
ご来園ありがとうございました。


みなさん 再見!
                                  
− 友達: 下田 隆文さん、他2人

1462941_533227793422348_1435542710_n.jpg

posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。