2013年10月29日

【笑顔が戻ってきました!】


流行に敏感なもうすぐ1歳2カ月の娘ちゃん。

今月に入って風邪→嘔吐→発疹→熱発 と連ちゃんでしたが
母と共にそれらを乗り越え、ようやく元気になりました。

以前にも増してミリオンスマイル連発で、福来まくりでゴワス。


よかった。よかった。本当に。

600861_525983060813488_626960707_n.jpg


posted by miya at 07:06| 熊本 ☁| Comment(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

【ガーデニングワールドカップ参戦】


オランダウィークが続き、三連休はハウステンボスに来ています。
もう3日目なので業界用語も覚え『テンボス』と呼びます。笑

京都で作庭修業した後に、イギリスのキューガーデンの日本庭園まで
担当した32歳の庭師、山口氏の出展応援にきました。

今年の春から、戸馳島を元気にしていくために
応援してもらっている、謙虚ながらアツい人です。


世界各国の一流ガーデナーが集まる本大会に、国内予選を
勝ち抜いて出られるだけでもすごいのに、今回は世界戦です。

「上善水の如し」のタイトルを持つ彼の作品は、
キリスト教に代表されるヨーロッパ世界の部屋に反面には、
山茶屋のある和空間が広がります。

1390776_518885174856610_1090294010_n.jpg


1385669_518885018189959_699315025_n.jpg
お互いが認め合い、共存する大切さを伝えたい、といいます。
ひとつの作品で、二つの世界を表現すろという大作です。

大作が故に、今年から設けられたサイズ規定の枠を超え
審査から外れてしまいましたが、実際の審査点数は・・・
すごいことになっていました。


みんなが彼らしい、といいます。
点数を取ることよりも自分の作品感に妥協しなかった。

彼の魅力であり若さであり、チャレンジャーと思います。

作品から出てきた来園者から ハァ〜すごい 
といった感嘆の声が聞こえてきます。
1379262_518885081523286_382892072_n.jpg

彼の好意で三日間、間借りしたブースでの育てるランシリーズの販売も、
ガーデニングファンを相手に対面で、とても良いヒントと刺激を受けました。

自分はどうか? 知らずに守っていないかと?

業界の常識は世間の非常識だ、と言われることもあります。


学びます。
すばらしいチャンスに感謝

1392629_518885114856616_545349612_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

【洋ラン花咲く苗】 フォトコンテスト人気投票


ご自宅で咲かせたランをメッセージと共にご披露頂くフォトコンテストの中から
各月のグランプリに選ばれた12作品。この中から年間グランプリを選出すべく、
みなさまからの人気投票を受け付けております。


お気に入りの写真に「いいネ」をお願致します。お1人様3イイねまで。
花の写真も大切ですがお客様の想いのこもったコメントも是非
ご覧頂き投票をお願致します! ご参加どうぞよろしくお願い致します!



1385427_514273191984475_279821375_n.jpg






1380261_514273241984470_2131467813_n.jpg








10605_514273121984482_1387959301_n.jpg25938_514273128651148_1651013248_n.jpg
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | flower | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

若い農家仲間に思う

ある日、壇上に立つある農家青年の発表を聞いていました。
「僕は農家に生れたけれど、本当は本当は、、、農家じゃなくって
 教師や新聞記者やデザイナーになりたかったんです」

会場に冷たい空気が流れました。 
そして一呼吸置いてさらに続けました。

「しかし、今農業を始めてみて分かったんです。
よく考えれば僕たち農家は販売、広報、社会活動やデザインなどすべての
要素が必要です。そう思うと、僕は夢を一つひとつ叶えています」

かなり、刺さりました。


そんな最高に面白い片山君が、さらに面白い奥さんと一緒に
「宮川さんの話が聞きたかとです」と遠路、来てくれました。

とても嬉しい事です。二つくらい年上なので、ご機嫌に
(おそらくちょっとえばって)お互いの話をしました。

作物はフルーツでジャンルは違えどチャレンジスピリッツも、
地域活動や環境など自分の事以外の事にも時間と
エネルギーをしっかり使っている事が素敵で、
共感するものが多く、刺激的です。


また知事はアメリカ農業実習生→ハーバード→東大教授→知事と
という異色の経歴の持ち主で、農業に超本気で、
2月には私の師匠アンディ松井さんを県として招待し、
大規模な講演会をして下さったほどです。

今は「くまもと農業経営塾」という素晴らしい塾で学ばせて頂いています。

そんな熊本には今、超元気な農家がぼこぼこ出てきています。

片山君はじめ、前のめりな若手農家の仲間とワクワク
楽しい農業を実践していきたいなと思います。

熊本のわっか農家は阿蘇さんのごて、
たぎってあつかとよー 気よつけなっせねー 笑
片山 和洋さんと一緒です。
posted by miya at 00:00| 熊本 ☁| Comment(0) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。