2012年02月29日

マニフェスト

今日はダブルヘッダーでした。

一つは母校熊本農業高校での卒業式を明日に控えた3年生を
ふくむ全校生徒への講和。

ただ私の仕事は花との語らいであり、人前で先生のように話すことは
決して得意ではない。しかもまだ人生経験も33年。
だから私は講演などえらそうで大げさなものではなく発表、
言い換えれば「青年の主張」系になる。


その中で大きな声で自信を持って現在私の40歳までの目標は
「100人の雇用を生み出し、10億円の花農家」と言い切りました。

また35歳(2014年8月31日)になるまでに、インターネットなどを活用した
農家の情報発信と、産直販売について本を書いて全国の田舎農家が
元気になるお手伝いがしたい とも言いました。


大風呂敷といわれてもかまわんとです。
大きな目標と、達成した時のワクワクするイメージを肥料に
がんばります。



そして晩は、熊本県知事選挙ローカルマニフェスト型公開討論会
という、とてもとても難しげな名前のついた討論会を
私も所属する公益社団法人日本青年会議所の熊本ブロック協議会で
開催しました。


本日のパネラーは3月の熊本県知事選への立候補予定者として現職知事を含む2名。

公平性を尊ぶ本会議所のメンバーの立場でカメラマン(記録係)をしながら拝聴しました。


・リーダーとして、ビジョンを明確に持ちそれを語りアクションを起すこと。

・私利私欲を超え「善悪の判断」が必要であること。

・自分の信念を貫き通すこと。


特に近年、有権者にとってこのローカルマニフェスト(選挙公約)の意味は大きなものになっている。

自分の町を、市を、県を、そして国を。

私たち市民の政治参画、平たく言えば興味を持つことが一番だ!


「私は花で島を、地域を興して生きたいと改めて思いました」


30年後、今日のこのブログを見ながら自分を褒めにこっとできる自分を夢見て。


実り多き一日、4年に一回の2月29日に大感謝!





posted by miya at 23:57| 熊本 ☁| Comment(0) | something new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。