2011年11月16日

河島英五


河島英五


僕は知らなかった。



年に一度、農園に遊びに来られる老夫婦がある。


ご家庭で育てておられるランをもって熊本市内からわざわざ

戸馳島まで近況報告に来ていただくなんとも嬉しいお客様だ。



今年は可愛がって頂いているカトレアやミニ胡蝶蘭に加えて、

素敵なプレゼントを持ってきてくださった。


CDだった。

「河島英五 ベスト」

若くして他界した方で、昭和53年生まれの自分は
恥ずかしながら名前も極も知らないアーティストだった。


お客様が
「去年、君がお父さんになったって言ったから

  この曲を聴いてもらいたいと思ってもってきたよ。」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


君が20歳になったら酒場で一緒に酒を飲もう。

いいか、男は大きな夢を持て。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 


最高のプレゼントを車で聞きながら、
改めに父親になった自分の責任と

これから息子に伝えていきたいことを感じた。


とても心が熱くなる最高の贈り物を
ありがとうございました。







posted by miya at 07:38| 熊本 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。