2010年10月13日

オランダ花修行の巻


実は息子の
1歳の誕生日を前日に控えた

109日から花の国オランダに来ています。

  

ノートPCを持ってきているのでありがたいことにメールのチェックも、

ホテルにいるときはいつでも出来ます。

 

ただ、マイナス7時間の時差がきついことを除けばですが。

(今日も夜中3時に目が覚めパソコンをたたいています)

  

しかし今朝PCを開き、私たちが運営する楽天市場の
お店のご注文状況をみて目がしゃきっとしました!

  

「元気誕生祭」  ・・・親○カですが・・・(恥) 

 

3000円以上送料無料&ポイント10倍 

 

このチャンスにたくさんの方がご自分用としてランをお選び

頂いているのが分かりとても嬉しくなっています。

http://www.rakuten.co.jp/morimizuki/ 

(どんな花がどんな御用とでご注文頂いているかはページ下部で分かります)

  

さて

このオランダに何をしにきたかというと・・

ちょっと大きく言いますと・・

 

「家庭で花を楽しむ文化のあるこの国を見て

日本での10年先の花作りを見通したい!」

 

と言うことです。

 

ランは花を花を咲かせるのにハウスでも34年かかります。

新しい品種からであれば5年以上です。

 

5年先、10年先の世の中、花業界、消費、そして自らの

生産計画が何より大切になってきます。

 

そうしなければ、浦島太郎さんになります。


 

3回目の渡蘭となりますが、8年の間に華やかで長く楽しめる

蘭の生産&消費が爆発的に伸びてベランダに飾られる(ご家庭用)姿を

よく目にするようになりまし           た。

 

チューリップに代表されるような切花(こんもりブーケ)を欠かさずに

家のテーブルに飾るオランダ人も、家庭向けの安価でコンパクトな蘭が普及し始めて、

「ランは華やかで12ヶ月持つし管理も楽だしよかねぇ~

と感じているようです。

  

生産者を十数社訪問しましたが、超ハイテク生産にて信じられないような

スピードと価格で無数の蘭が生産されていました。

 

日本のような寄せ植え(3本立ちなど)というものは1パーセントもありません。

すべて一株、一本仕立て テーブルサイズに徹底されています。

 

ギフト需要が9割以上の日本とはまったく違う消費のされ方です。


 

私が2年間、花修行したアメリカでも同じでランは

「高級だけど高価ではない花」としてカジュアルなプレゼントに

使われたり家庭で楽しまれているものです。

 
 

私は花作りに携わる使命として「家で楽しめるテーブルサイズの蘭」を

日本で普及させていきたいとずっとずっと考えています。

  

趣味ではなく、事業として成り立たせるのは本当にたいへんです。

 


しかし今、オランダを見ながら自分のライフワークとしてそこに

チャレンジし、ご家庭で笑顔いっぱいの花を咲かるランを育てることこそが

 

私の目標であり夢であると強く思っています。

 

今日はこれからHorti Fair というヨーロッパ最大級の

園芸ショーを視察してきます。

 

またレポートします。

   
posted by miya at 15:03| 熊本 ☁| Comment(3) | flower | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする