2010年03月23日

五蘭塾商談会

春夢を見ていたのか
ずいぶん久しぶりの記事になります。


先週は、私たち産地グループ「五蘭塾」の商談会に、
全国各地から花市場の担当者さんやバイヤーさん方
50数社にご参加いただきおかげで大盛況でした。


本当にありがたい話です。
お彼岸前の忙しい時期に、〇二日使ってはるばる熊本まで。

いろんな言葉をかけていただいたが、一番嬉しかったのは

「元気ある産地ですね! 若い世代の方が意欲的に取り組まれていて!」 

たしかにそうなんです。
農村の過疎化問題とかよく耳にしますが、このトバセジマでは
花に情熱を注ぐ若者がワンサカ島に残って花つくりをしているのです。

五蘭塾(23件)の中でもにも二代目世代となる30歳前後が9名  
                         それに40歳前後が5名

みんな切磋琢磨で汗を流しよります! 


洋蘭屋さんが全国的に元気がなくなってきている そういわれる今も、
僕たちは「元気だけはどこにも負けんバイ」と常日頃思っています。


今年も、遠く離れた場所なので電話やファックスのやり取りでしか接点の
ない担当者の方と花を見ながらいろんなアドバイスをもらい、
夜はたのしくビールを飲みお互いの親睦を深める。


人と人 が一番なんだなぁ〜 改めて実感しました。


今年も一年よろしくお願いします。
商談会へのご参加および ご来島 本当にありがとうございました!

posted by miya at 22:20| 熊本 🌁| Comment(4) | flower | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする