2008年10月31日

超ビッグ対談!

Mr. Inamori 012s.jpg  アンディ松井氏  そして京セラの稲盛和夫氏

遠くカルフォルニアですごい対談が行われていた。

アンディ松井氏は研修時代の昔も今も私の師匠であり、稲盛氏の稲盛経営12ヶ条は
地元の経営塾で学び、自分が何より一番感銘を受けた教えだ。

  1. 事業の目的・意義を明確にする
  2. 具体的な目標を立てる
  3. 強烈な願望を心に抱く
  4. 誰にも負けない努力をする
  5. 売り上げを最大限に伸ばし、経費を最小限に抑える
  6. 値決めは経営
  7. 経営は強い意志で決まる
  8. 燃える闘魂
  9. 勇気をもって事にあたる
  10. 常に創造的な仕事をする
  11. 思いやりの心で誠実に
  12. 常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で


お互い違う分野だが、世界最強の花作りをするアンディ松井氏に会うため、
アメリカまで出向いてこられたそうだ。

75歳の師匠と78歳の稲盛さんから、いったいどんな言葉が出たのだろうか。

一生青春 一生燃焼 
Mr. Inamori 006s.jpg
大きすぎる背中だけれど、いつまでも目標として追い続けていたいと思います。




posted by miya at 23:57| 熊本 ☁| Comment(2) | friends | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

ミニ恐慌 私の場合

この秋の世界的な金融問題が、私のすぐそばにやってきたそれを肌に感じることができた。

基本的に賭け事はお好きなほうではない私も、4年ほど前から
経済の勉強&貯金と思って投資信託をちょこっとだけど月々やってきた。

私が興味を持って選んだのはこの三つ

○エコ事業に取り組む会社の株
○成長が見込める日本の中小企業に特化した株
○国内の株価・景気に連動するタイプの株

私の場合、重ねるがこの投資信託の目的はこれらの株と
経済について、興味が持てるようにと期待したことに在る。

今の円相場を見れば素人目にはユーロとドルは買い時だ!と簡単に思ってしまう。
株というのは勉強のつもりでしていたが、さすがにこれほど経済が
不安定になってくるとは予想もつかなかった。

しかし大きかったのは毎日減ったり増えたり・・・俺には株は向かないぜよ! と
はっきり気がついた事。それで見切りを付けて換金し、それでドルを買おうかと思っていた。

しかーしながら、びっくりした。
もう投資額に対して、確認してもらうと時価総額は約50%、 ということは半分を。。。授業代!
新たな投資はもうストップしたが、この換金する勇気は現時点ではなかった。 情無!

しかし庶民がこれでは、株などで大きなお金を動かしていたり、円相場に大きく影響される
企業ははんぱじゃなく大変だろう・・。

その流れがきっと贈り物のランを直撃するのは近い。

強いものが生き残ったのではない。大きなものが生き残った訳でもない
変化に対応できたものこ生き残っていけるのだ。 
                                ダーウィン進化論より。


高い授業料を払うことになりそうですが、これくらいでよかった。
泥臭くまじめに生きていこうたいと思いました。


posted by miya at 23:57| 熊本 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

青二才の大舞台

母校・東京農大の先生にに呼び出され、東京に行ってきた。

経堂駅からの農大道りを抜けて、ちょっと立派になった校舎に入った。
先日の箱根予選会で2位に入り、キャンパスにもワクワクかった。


11月1日に始まる収穫祭(他大では学園祭と呼ぶ)のこの季節
思い出の詰まった10年前、花卉研の花屋さんを思い出していた。

会場に入ってびっくりした。
案内された会場は階段教室で、200名近くの学生がいた。

依頼を受けたのはマイスターセミナーという講義の時間で、OBや各方面で
がんばっている方を呼んで話を聞き、90分の実践的な授業を作ること。

はじめに言った。
「私の仕事は花と話をすることで、人間にお話しするのは決して得意ではありません。
でも年齢が近い私だからこ伝わる事もあると思いますので、精一杯がんばります。」 と。

講師の依頼を受けたときには、まだ青二才の私では・・・ と素直に思ったのだが
若いからこそ語れる夢もあると思うし、スケールの大きな話もできるはず。チャンスジャン!

なにより前から自分は「モノ言うお百姓さんになる!」と公言していたし!。


この講義に用意していた配布資料は意表をついて一枚のみ。
二日前にセミナーで習得したばかりのマインドマップ(脳内地図)
マインドマップ ミヤガワマサヒト 001s.jpgもち手書き

これならテンパっても話が迷子にならないし、言いたいことを漏れずに伝れるだろう。
なによりこのマインドマップは、脳内を整理し→記憶させるという脳科学に
基づいたといわれるすごい手法。

自分のこと、旅のこと、花のこと、農業のこと、夢のこと、みんなのこと
夢中になって話をしていたら、質問もたくさんもらえてあっという間に90分たった。

感動したのは生徒が一人も退席せず、一人も寝ていなかったということ。
自己満だけど、一生懸命聞いてくれているのが純粋にうれしかった。

よし! 大役を終えてほっとする間はありません。
大きな話をした自分自身が人間力を高め、ガンバなきゃいけない、
そう思います。


posted by miya at 23:45| 熊本 ☀| Comment(2) | about me | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

新郎が内股につき・・・

garden waddings.jpg 

とっても自然に構えた足は思いっきり内股。(恥)
顔は痛いくらいのアホ面・・・
でも当日の朝、友人が育てた花で作ったブーケはいい感じ♪

もうあれからちょうど1年になりました。
友人が撮ってくれた「10・20 阿蘇」の懐かしいツーショットです。


育てた花をきもちいいくらいどっさり届けてくれた花仲間。

その仲間から届いた花で会場いっぱいに装飾してくれた花友。

農大名物 大根踊り に汗してくれた恩師と仲間。

花水木の苗木を、メッセージとともに届けてくださったあの人。

おいらが歌った「バンザイ」に涙してくれた人。

思いっきり「幸せになれよ」といって抱き合った彼。

ちょっとわんぱくな私をきっと心配していたであろう親族。

結婚のその日までずっと支えてくれた人達。

僕を信じて結婚をさせて下さった彼女のご両親、ご家族。

私達の結婚を祝してくださった皆さん


二人、あの頃と変わらず、それ以上に幸せに生きています!

あの日の想いをこれからも忘れないよう、

あの日以上の良い思い出がこれからもたくさんできるよう
今を楽しみ、がんばって生きていきます。

今日もありがとうございます!
posted by miya at 23:14| 熊本 ☀| Comment(4) | about me | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

奇跡の2日

9612131.jpgreally?

昨日は、そんな満月の一日だった。

姉の初出産   10月15日  PM 2:40
      
・・・・
妹の初出産   10月16日  PM 1:40

わずか、
     わずか
          わずか23時間で 一気に甥と姪ができた!(驚)

出産予定は2週間離れていたけれど、お互い最後は寄り合って
結果、1日の超僅差。

よかった。分娩台を争って兄弟げんかにならずに・・ 笑

ほぼ同時期に生まれた男の子と女の子。
これから二人、どう育っていくのだろう! 

どちらも立派なサル顔だが、「人間らしく元気に育ってくれよ!」と願う。

自分にとっても記念すべきおっちゃんダブルデビュー!(嬉泣) 

次はパパデビュー!? 噂 噂 爆


優ちゃん&凛太郎

お誕生おめでとう! 


posted by miya at 23:22| 熊本 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

私がおっちゃんへなった日。

アカネあかちゃん.JPG  ついに!

3700gの女の子の赤ちゃんは、母体の居心地がよかったらしく
出産予定日から10日、大きな産声を上げた。


予定日を過ぎても陣痛がなかなか来なかった。

超ポンポコリンのお腹を抱え千葉から駆け付けてくれた旦那さんと毎日、
数キロもの散歩運動をする姿は姉ながら、母親となる人の後姿だと感じた。


陣痛が始まり生まれる直前には、その苦しさに取り乱しそうになっていた。

そんな姉が妹にアドバイスしていた。
「どんなにきつくても目を閉じちゃだめね。
    私は目を閉じた瞬間に現実から離れ、苦しさから一瞬パニックになったから」

・・・ 出産という事が想像を絶する大変さなのだと思った。


よかったよかった。 
元気に生まれてくれて。 

おいれも30歳 ついに おいちゃんになった。


さらに・・・
妹も昨日の検診で、今週土曜日が出産予定日だという。


こりゃー にぎやかになりそうだ!



posted by miya at 07:22| 熊本 | Comment(5) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

豊かな秋の日

CRW_4412 (1).JPG ドンドン わっしょーい どんどん わっしょーい

私たちの住む島中に、明るい子供たちの声が響気わたった!

今日は地元 若宮神社の秋祭り

小学生キッズたちと一緒に太鼓をたたき、笛を鳴らし、
立派な神輿を担いで練り歩いた。

わずか20年前、小学生だった自分がこのお祭りがどれくらい好きだったか、
楽しみだったか、よく思い出した。 

あの頃は祭りだから、と学校も早く帰してもらえた。

今も変わらず、人口1600人の小さな島の大きなイベントだ!

色付いた柿の実や、華やかに咲き誇るコスモスを見ながら
ゆっくり秋の景色を堪能した。

今年は台風も来なくて、農作物も豊作だ!!

紅葉もきっと例年にない美しさだろう。


お昼からはちびっ子相撲の行司を務め、「ハッキョイ ノコッタぁ」
みんなハッスルハッスル 大盛り上がりだった。

鈴虫の声を聞きながら、今日も一日が終わる。


豊かな秋を堪能した一日だった。 






posted by miya at 23:30| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

栗城史多 彼の生き様

20081005-18.JPG

今年のマナスルは雪と雪崩が多く、
例年より厳しい登山環境となっています。

改めて、生きているって素晴らしいと感じます。

なぜ、このような危険を犯してまで登山するのか、
それは自分が登りたいだけというのではなく、

山を通して夢や希望を叶えることを伝えたいからです。
                 (栗城史多の山への道 10月5日より)

25歳の青年が人類史上初の
世界7大陸最高峰の単独登頂を目指しています!


下記のメルマガに登録すれば、今大詰めを迎えるマナスル山頂へのアタックの様子が
毎日配信され、生死の境でがんばっている彼の様子を知ることができます。


遠くエベレストまでみんなで元気な声を届けましょう!



posted by miya at 21:31| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | something new | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

私の最大の弱点

dsds.jpg 
 きっと
                                         きっと  
  
今、私がこの花作りができなくなる、 そんな日が来るとすれば・・・
 
僕の敵は 高騰する燃料?、     
                   〃 肥料?、
        
                             まさか温暖化?
どれも確かにとっても痛い。 

しかーしオイラにとって本当の敵とは イモムシちゃんに他ならない。
 どこからともなく現れて(特に夜間こっそりと・・)
葉っぱを・・        
       つぼみを・・ 
                     
                花びらまでも・・
美味しいかい 自慢の洋蘭だもんうまいだろう?

実は
30年 生きてきて一番苦手とする生き物はぶっちぎりでイモムシちゃんだ。
しかし花を育てる仕事をする中で、彼らと無縁では生きられない。
 突然、 そう本当にひりょっこりと遭遇してしまう。

 
「ウワァ!!」 このときばかりはリアクション王ではない。 素 で声が出てしまう。

 
もちろん、イモムシ一匹にびびりまくって声まで上げ、さらには心臓のドッキンドッキンが
収まらないオイラを皆は、ひゃっひゃっひゃ と笑い飛ばす。

 実はトラウマなんだ。
忘れもしない小学3年生、自然いっぱいの帰り道。
幼なじみのまこちゃんと道路の真ん中にヘビー級のイモムシちゃんを発見した。 
その後・・・(詳しい説明はやーめます 冷汗)子供とは残酷です。

その夜、イモムシちゃんに渦に巻きこまれている夢を見て、それっきりまったくもって
苦手になってしまった。
 あれほど強烈に思い出せる事件も夢もない位に。


たしかに薬をかければ一発で退治できちゃうけど、
できるだけ できるだけ肥料も農薬を使わないようにと努力している。


数年がかりで、もうナメクジちゃんは克服できた。
しかし、ひょっこら顔を出すヨトウムシはまだ声が出てしまう。
最大の敵はアゲハチョウの幼虫だ。彼は目がたくさんあるし大きすぎるぜ!

しかし名誉のために言わせてもらえば、何でもかんでもビビッているわけではなくて、
一般的に嫌われるゴキブリ、クモ、ヘビ 等々まったく怖がりません。


道は長いけれど、自然とそこにすむ彼らと仲良くやりながら、
花つくりを営んで生きたいと思います。


明日からもがんばろっと。


posted by miya at 23:10| 熊本 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | about me | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。