2007年11月29日

20年生きたパピー

そして 


ずっと私たち三人兄弟の成長を、家族を見守り続けてくれた
パピーが、とうとう天国に行ってしまった。

20年、宮川家で生きてくれた。
自分が小学校低学年の頃にこの家にやってきてから、今までずっと
このファミリーの一員として、暮らしてきた。
猫の寿命でいえば100歳を超えていた。

姉の結婚式の前、クールなパピーが初めて、自ら私の膝に乗ってゴロゴロと甘えてきた。

この頃には、もう爪も自分で研げず、ひっこめることもできない。
もう食欲もめっきりなくなって、背中をなでると骨の突起に触れる。

もう、長くないのかもしれない・・ もしかして最後に別れを言っているのではないか、
そう思っていたらボロボロと涙が出ていた。

そして家族が結婚式から帰ったその日、静かに目を閉じた。

普通、猫は最期を迎える時、家から離れて逝ってしまう。
でも、ずっと家猫として宮川家を守った彼女は家で、最後の眠りについた。

小さい頃から見てきた子供の私たちが、結婚するのを見届けてくれた。
そして安心して2か月前、天国に先立ったばーちゃんの元に遊びに行ったんだろう。

生きるものには必ず寿命がある、でもそう分かっていても悲しさは堪え切れない。


ありがとう ありがとう ここで私たちと過ごしてくれた時間、瞬間が今も蘇る。

大切な大切な思い出をずっと心に残していきたい。

posted by miya at 22:42| 熊本 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする